« 『史記「人間関係力」の教科書 臨機応変のリーダーシップ論』 守屋洋 著 を読んで | トップページ | ムダのないソフトウエア開発 アジャイル開発を実践する22の方法 »

2011年1月 9日 (日)

「春宵十話」-岡 潔 著  を読んで

教育関係にたずさわれている酒井穣氏(お気に入りにある“NED-WLT”のブログ管理人でもあります)が紹介をされており、また著者が数学者ということもあり、少しは数学をやってきた者としても興味が湧き読んでみました。

いろいろと多くのことが書かれており、自分自身には少し難しく感じましたが、「数学」について書かれていたところは、何となく気になりましたので、そこの辺りを中心に書いてみます。

・人の中心は「情緒」である。

・数学とはどういうものかというと、自らの「情緒」を外に表現することによって作り出す学問芸術の一つであって、知性の文字盤に、欧米人が数学と呼んでいる形式に表現するものである。

・私は数学なんかをして人類にどういう利益があるのだと問う人に対しては、スミレはただスミレのように咲けばよいのであって、そのことが春の野にどのような影響があろうとなかろうと、スミレのあずかり知らないことだと答えてきた。

・職業に例えれば、数学に最も近いのは百姓だといえる。種をまいて育てるのが仕事で、そのオリジナリティーは「ないもの」から「あるもの」を作ることである。

数学者は種子を選べば、あとは大きくなるのを見ているだけのことで、大きくなる力はむしろ種子の方にある。

・数学の本質は調和の精神である。数学の本質をよく見ようとするのであれば、もっと調和が良く分かるようにしなければなりません。それにはよい芸術を見せるのがよいのです。

・数学の教え方としては「よく見極めて迷うところなく行い、十分よく調べて結果が正しいことを信じて疑わぬ」ようにさせるのがよい。

・これから数学をやりたいと思っておられる方に何よりもまず味わっていただきたいと思うのはアンリ・ポアンカレーの「数学の本体は調和の精神である」という言葉です。ポアンカレーは1912年に亡くなりましたが、彼が数学界を代表した頃になって初めて数学自身は、自分というものはこういうものだという自覚に達したといえましょう。

情緒ある調和のとれた方であると思いましたし、天才であるとも思いました。

例えば、フェルマーの最終定理はシンプル(もちろん証明内容は分かりません・・・)で分かりやすいですが、本著には出てくるポアンカレーが予想した問題も有名ですが、これは証明しようとする問題そのものが何を言っているか、正直よくわかりません。

この本では、数学以外にも、「教育について」、「将来の日本への心配」、「世界への不安について」、が書かれています。著者、約半世紀前の1962年、62歳のときになります。戦後の復興期であり、これから高度経済成長を迎えて躍動していこうとする時に、その当時の日本を「動物的」であると心配されている。もし著者が今の日本を見られたならば、どのように思うのでしょうか・・・卒倒するかもしれませんね。

著者は、当時 アインシュタインが来日するということなどの影響で、当初は物理学科に入ったが、数学の問題が解けたときの喜び、たのしさ、そして恩師との出会いにより数学科へ移られたと書かれていました。ここだけは、自分が数学を志向した理由と同じでした。m(_ _)m

自己研鑽を継続し、少しでも多く社会に貢献できるようにしていきたいと思いました。(*^.^*)

« 『史記「人間関係力」の教科書 臨機応変のリーダーシップ論』 守屋洋 著 を読んで | トップページ | ムダのないソフトウエア開発 アジャイル開発を実践する22の方法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/38399355

この記事へのトラックバック一覧です: 「春宵十話」-岡 潔 著  を読んで:

« 『史記「人間関係力」の教科書 臨機応変のリーダーシップ論』 守屋洋 著 を読んで | トップページ | ムダのないソフトウエア開発 アジャイル開発を実践する22の方法 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter