« なぜ円高 | トップページ | 凡事徹底 »

2011年3月27日 (日)

「自信のつくり方」  青木 仁志著 を読んで

「自信」は「自己信頼感(=自己イメージ)」に置き換えることができる。

自己信頼感を高めるには、「すべては自分が源」と考えて、高い自己イメージをつくる努力をすることです。

そのために、自分で決めたことを日々完遂しましょう。

そこで、まずはシンプルに「腕立て、腹筋、背筋を毎日各30回行う」ことにしました。

すでに、3日はクリアして、1週間続けているので、この調子で3週間、3か月と継続したいと思います。

小さな目標・成功を積み上げて、大きな自信を作り上げる。

「凡事徹底」も大切ということです。

この2年近く、とくにこの1年、自分自身の自信を落とすことが続いているのですが、何とかしたいと、もがいております。あがいております。

他者評価を気にしないようにします。

自分にできることを精一杯やっていく。不器用でも、人間として泥臭く生きていくこと。

好きなこと、もし、それに没頭できれば、自信なんて関係無くなるはず。

人のために、社会のために、これからも貢献をしていくためにも、確固たる自分を。

« なぜ円高 | トップページ | 凡事徹底 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/39390286

この記事へのトラックバック一覧です: 「自信のつくり方」  青木 仁志著 を読んで:

« なぜ円高 | トップページ | 凡事徹底 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter