« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

作家 城山三郎氏について

「嬉しうて、そして・・・」と言うエッセイを読みました。(またもブックオフで入手)

いろいろと考えさせられることが多かった本でした。

まず、その一つに、自ら志願された終戦間近の「海軍」について、書かれていました。

厳しさと言うか凶暴さは他と比べるまでも無かった。

人の命を軽く見ていた。

上官たちは何かと言うと練習生を棍棒でぶん殴った。

そして、食べ物は芋の葉ばかり、士官の食堂の前では、てんぷらやフライのよい匂いが漂ってきた。

階級による差別は徹底していた。

上官からは何度も「お前らは一銭五厘(当時のはがきの値段)だ。代わりはいくらでもいる」と言われた。

水中特攻「伏龍」(竹竿の先に爆薬をつけて、海岸線近くの海にタテヨコ50メートル間隔で並び、敵の上陸艇に向かって竹竿を突き出して爆破させるという、本土決戦に向けた作戦)のために集められたといいます。

現代の教育上「やってはならない」、「やるべきではない」とされている事例を、次から次へとやっていたのが、帝国海軍であった。

一方で、最後の神風特攻隊長・中津留達雄大尉という素晴らしい人物の話もありました。

彼は上官の間違った命令と大義の間に悩み、咄嗟の判断で日本を救っています。

815日の玉音放送後、宇垣纏司令長官は中津留らに特攻出撃を命じます。当時情報が遮断されていたので、中津留大尉は玉音放送を聞いていなかったと思います。

大分基地から飛び立ってみると、眼下には敵機も敵艦もいない。後ろに座る宇垣司令官はとにかく「突っ込め」と命令しています。

中津留大尉は、一瞬の判断で燃料の節約のため爆弾を海に投棄して機体を軽くします。そして沖縄、伊平屋島の戦勝パーティー中の米軍泊地へ突っ込むふりをして急旋回し、海岸の岩に機体をぶつけて最期を遂げました。

続く二番機も大尉の操縦から意図を察知し、瞬時に米軍を避けて墜ちた。

日ごろから中津留大尉が一心同体となるまで、部下を鍛え上げていたからこそできたことです。

もし、戦争が終わったにもかかわらず、米軍に突っ込めば大変なことになっていたと言われています。

降伏後も騙し討ちかと国際的な非難をうけ、4カ国分割統治とされたり、最悪の場合には天皇に累が及び、今の日本はなかったかもしれません。

中津留大尉はぎりぎりの状態で危険を回避、この決断が、戦後日本を救った、と城山氏は言われています。

上官である宇垣氏は、城山氏がぶん殴られていた「海軍」の方であり、ウイキペディアでは、宇垣氏について、自信家でプライドが高いとありました。

もし本当に優れた指揮官であれば、部下に対して、やみくもに「死ね」などとは言わないと思います。生きて帰れ、と言うのが本当ではないでしょうか。

人の命を何と思っていたのでしょうか・・・

城山氏はこの経験から、自らの作品のテーマは「組織と人間」、「全体と個」をどう考えるか、とされたと言うことです。

自信をなくしている自分ですが、宇垣氏のような自信過剰も問題と思いました。

また、チャールズ・チャップリンの言葉を思い出しました。

個人としての人間は天才である。

しかし、集団としての人間は、刺激されるがままに進む、巨大で、野蛮な首の無い怪物となる、と。

2011年9月19日 (月)

第3号被保険者について

「第3号被保険者」に対する視線が厳しいようです。

これは年金制度における、「生活保護との住み分け」、「年金未加入者への対処」と同様に重要な課題として頭の中に入れておきたいと思います。

最初に「第3号被保険者とは」でググってみると・・・ *****

年金の第3号被保険者とは、第2号被保険者(会社員、公務員、私立学校の教師等)の配偶者で、第2号被保険者の収入によって生計を維持(年収130万円未満)する20歳以上60歳未満の人です。「配偶者」なので専業主夫でも可ですが、99%が夫第2号被保険者、妻第3号被保険者といわれていますので、説明は「専業主婦」が第3号被保険者といえるようです。

昭和613月までは第3号被保険者は存在しませんでした。

今で言う第3号被保険者は国民年金に任意加入であったために、多くの方が年金に未加入の状態だったのです。しかし、夫との婚姻関係が打ち切られた場合に、多くの妻は無年金となってしまうため、それが問題となりました。そこで、国民年金、厚生年金、共済年金共通の基礎年金制度が誕生した時に、今で言う第3号被保険者は“保険料負担が無くとも”国民年金に加入できるようにしたのです。

*************************

もともと「厚生年金(共済年金も)」は家族(夫婦)が単位の制度です。

昔は妻が収入のない専業主婦であることは当然な状況でしたので、サラリーマンの夫のみが保険料を支払って、年金を受け取り、妻はその夫の年金で扶養されるという仕組みでした。

  

また、最初は「積立方式」からスタートしているので、何ら問題は無かったと思います。

国民年金と厚生年金も、もともとは別制度でした。

ところが・・・・

戦後の敗戦から現在まで、「厚生年金制度」は、高齢者に対する年金の支給に要する費用をその時の現役世代の負担によって賄う「賦課方式」を基本としつつ、一定の積立金を保有しそれを運用することにより、将来の受給世代について一定水準の年金額を確保するという財政方式のもとで運営されるように変化をしてきました。

「国民年金」も1960年に制度が始まって、その時加入した20歳の人が実際に年金をもらうのは、早くて2000年。積立方式であれば、少なくとも、その間に年金をもらえる人は存在しないはずですが、そうはできませんでした。   

制度発足当初より、高齢であった者には、無拠出で老齢年金(老齢福祉年金)が支給されました。

 

そして、1980年に出された年金財政の見通しでは、サラリーマン社会が続いた結果、農家・自営業者人口が減少。国民年金は、高齢者の増加と現役世代の減少に歯止めがかからず、賦課方式での年金財政では維持できなくなっていました。   

そして、昭和61年の公的年金制度改正において、わが国のすべての公的年金制度が1階部分を全国民共通の「定額制」の基礎年金、2階部分を各制度独自の「報酬比例年金」とする2階建て年金に再編されています。

ここにきて、「第3号被保険者」という問題を自ら抱えてしまったようです。

ここで、一つの試算をしておきます。

厚生年金保険料率を仮に16%とした時に、内6%部分が基礎年金部分に充てられていると言われています。

基礎年金部分の保険料を仮に16,000円とした場合。

(厚生年金保険料)×6/1632,000となる(厚生年金保険料)は約86,000円以上の場合となり、内雇用主負担が半分のため、厚生年金保険料を月額換算で43,000円以上となっている人は、基礎年金保険料2人分以上支払っている計算になります。

賞与引き去り分があれば、月額給与引き去り分は下がることになります。

この位の保険料を支払っている専業主婦をもつ既婚者はそれなりにいるのでは?

すると、一番割を食っているのは、独身の会社員ということになるのかもしれない?

いや、そもそも定額保険料としている基礎年金と報酬比例の保険料としている厚生年金を混ぜてしまったことが、ややこしくしてしまったように思います。

なぜそうしてしまったのか?

基礎年金の財政負担方法と当時の政策(政治?)によるように思います。

まず、当時の政策(政治?)として、それまで被用者の被扶養配偶者は国民年金に任意加入とされていたが、基礎年金を全国民共通のものとする考え方に沿って、「第3号被保険者」として国民年金に適用され、本人の保険料負担はないが配偶者の加入する被用者年金制度が拠出金を負担することにより基礎年金の給付を受けることができることとした。

    

しかし、これは、当初からの厚生年金の「家族を単位とする年金」というコンセプトを視ていない政策のように思えます。

さらに、この保険料負担をしないという背景には、基礎年金制度の財政の仕組みに基づくようにも思います。

先に述べたように、1980年に出された年金財政の見通しで、国民年金は、高齢者の増加と現役世代の減少に歯止めがかからず、賦課方式では維持できなくなっていました。  

そこで、当年度の給付に要する費用(国庫負担分を除く)を、その年度の保険料納付総月数で按分して得た額を基礎年金拠出金として各公的年金制度が負担することとしています。

この場合において、厚生年金を含む被用者年金についてはそのすべて、ここには第3号被保険者を含めて保険料納付者として数えられ、国民年金については、保険料免除者については免除割合に応じて納付月数を減じることとされている。

こうした仕組みのため、基礎年金制度の財政は、国民年金において保険料の納付月数が減少すると国民年金の基礎年金拠出金が減少することとなり、逆に被用者年金の基礎年金拠出金が増加するという構造を持っています。

もちろん、長期的に見通すと、国民年金の納付月数の減少は、全体の基礎年金給付費の減少を招き、基礎年金拠出金は、財政見通しよりも低くなるはずではあります。

この基礎年金制度の財政の仕組みと政策(政治?)により、ややこしい「第3号被保険者」が誕生しているように思います。

当然、見直しをしていく必要はあると思いますが、まずは年金財政の入り繰りを論じるよりも、少しでも財政改善をして「後代負担」を軽減していくことから始めることが良いように思えています。

民主党は、最近「被用者年金の一元化」を取り上げているようですが、もちろん重要な課題ではありますが、長年議論をしていることであり、喫緊の課題ではないように思います。

現在、危機に瀕している年金財政の確度を少しでも高めて「後代負担」を少しでも軽減をしていくことが喫緊の課題のように思います。

2011年9月11日 (日)

お気に入りの「言葉(名言)」

山本 五十六(やまもと いそろく、明治17年(1884年)44 - 昭和18年(1943年)418日)は、大日本帝国海軍の軍人で、2627代連合艦隊司令長官を務めた人物です。

そんな彼の残した名言の中でもっとも有名な名言がコレです。

「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて(させてみて)、 ほめてやらねば人は動かじ。」

実際にやってみせる。やり方を言って聞かせて、褒める。

ここから先は、本人が言われた言葉か不明とのことですが、書いておきます。


そして「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

話し合って、相手の言葉に耳を傾け、相手を認めて、仕事を任せることによって人を育てる。

最後に「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

やっている姿を感謝で見守って、信頼する。

よい言葉だと思います。

実は、上杉鷹山も次の言葉を残しています。

「してみせて 言って聞かせて させてみる」

山本五十六の「やってみせて 言って聞かせて やらせて見て ほめてやらねば 人は動かじ」の言葉の原型になったと言われています。

財政難だった出羽国米沢藩の第9代藩主となり、2度の改革で米沢藩の再建を図った人物の言葉は、山本五十六の言葉のほうが現代人には伝わりやすかったのでしょう。

上杉鷹山の有名な和歌、「なせば為る、成さねば為らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」は、「伝国の辞」とともに、次期藩主に伝えたと言われています。

この言葉の意味は、

「やろうと思えば何でもできます。できないのは、やろうと思わないからです。やろうとすることは他人のためではなく、自分のためになるのです。」という深い意味合いが含まれています。

実は、この和歌は、武田信玄の「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人のはかなさ」という言葉をリメイクして伝えたものだと言われています。

武田信玄、上杉鷹山、そして山本五十六へ

武田信玄は、1500年代の室町時代後期の人物、

上杉鷹山は、1700年代中期~1800年代前期の江戸時代中期~後期の人物、

山本五十六は、1800年代後期~1900年代中期の明治~昭和時代の人物、

もちろん、この間にも徳川家康、坂本竜馬などいますが、さて、2000年代の傑物は?

さらに、武田信玄は分かりませんが、上杉鷹山、山本五十六は愛煙家でした。

福沢諭吉、アインシュタイン、フロイトなど、天才と言われた人物に愛煙家が多いように思うのは煙草の吸えない凡人の自分だけ?

煙草には血のめぐりを抑制するなど身体には決して良いわけではないのですが、脳を覚醒させる効能があるのかも??

以上です。

お墓参り

本日は、会社に出勤をしていた。   疲れます・・・(;;;´Д`)ゝ

午後4時、きりが良かったので、帰ることにした。

ふと、お盆にお墓参りができなかったから、行ってこようと思い立った。

今日は夕方でも暑かったですね。 わいてくる汗をふきながら行ってきました。

その後で、親から聞いたのですが、今日は祖母の命日と言うことでした。

「全然来ないんだから~、たまには顔を出しなさい!」と呼ばれたのかな、と思いました。

「はい、顔をだすようにします!」

2011年9月 4日 (日)

日本の生命保険の原点

日本の生命保険の始まりは、福沢諭吉の著書「西洋旅案内(1867年、西洋旅行のための実践的なガイドブック、当時外務省の依頼で著した模様)」、「西洋事情(1873年)」の中で「人の生涯請合」の紹介から我が国における生命保険が始まった、とされています。

それ以前には本当に無かったのでしょうか?

生命保険講座(総論)には、明治時代以前、わが国にも古くから宗門団体、同業者、村落などを中心として相互扶助の思想に基づく五人組、頼母子講、無尽、職人組合などの隣保扶助制度が存在したが、わが国の保険はこれらの類似制度から発展したものではない。と書かれている。

現代の生命保険にまで発展はしなかったかもしれませんが、「五人組」はキーワードではないでしょうか?

調べてみました。

「上杉鷹山」、最貧状態に陥っていた米沢藩を健全な状態に立てなおした人物です。

この上杉鷹山が1802年に掲げた「五〇組合と五ケ村組合」は、素晴らしいと思いました。

以下、抜粋です。

1.同一村の者は、友人のように助けあい、世話をしなければならない。

2.五ケ村組合の者は、真の隣人同士が互いに、どんな場合にも助け合うように、困った時は助

   け合わなければならない。

3.互いに怠らずに親切をつくせ。

  年老いて子の無い者、幼くして親の無い者、配偶者を亡くした者、身体が不自由で自活のできない者、病気で暮らしの成り立たない者、死んだのに埋葬できない者、火事にあい天露をしのぐことができなくなった者、あるいは他の災難で家族が困っている者、このような者は、村で困難を取り除き、暮らしの成り立つようにすべきである。もしも1村が災害で成り立たない危機に陥ったならば、隣村は、なんの援助も差し伸べず傍観してよいはずがない。五ヶ村組合の4ヶ村は、喜んで救済に応じなければならない。

これは、相互扶助の精神であり、生命保険(損害保険も含む)の原点と言えないでしょうか。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter