« 「わかりやすい企業年金」 久保知行著 を読んで パート2 | トップページ | 3匹のおっさん パート2? »

2012年4月 8日 (日)

「ちょっとした勉強のコツ」 外山滋比古著 を読んで

著者は1923年生まれ、本書は、73歳から77歳にかけて書かれたエッセーとなります。

気づきをメモしておきます。

満腹時よりも空腹時の方が、頭がよく働くというのは、ウソではないと思います。試してみて損はなさそうです。

なぜ集中を妨げない程度に、音楽を聴いた方がいいのか?

それは、「静かすぎると集中できない」からです。同じ意味で外山さんは、「時間がありすぎるとだれる」という点についても、何度か注意を述べています。

つまり、恵まれすぎた環境では、精神はかえって集中を損なうということで、生物たる人間は単純ではないわけです。

全体を貫く基本姿勢はこうです。

「最適な環境は、勉強する環境として、最適ではない」

ちょっと不都合なくらい、ちょっと何かが足りないくらいが、勉強するにはちょうどよいというわけです。

姿勢がよいと勉強が頭に入りやすい。勉強ができるようになりたかったら、姿勢を良くしよう。

そして、以前にもブログに書きましたが、

財政難だった出羽国米沢藩の第9代藩主となり、2度の改革で米沢藩の再建を図った“上杉鷹山”が残された言葉として、

「してみせて 言って聞かせて させてみる」

次に、ハーバード大学への留学経験を持ち、アメリカとの開戦に最後まで反対した、大日本帝国海軍の軍人で、2627代連合艦隊司令長官を務めた“山本五十六”が、上杉鷹山の言葉に加えたかたちで残された言葉として、

「やってみせ、言って聞かせて、させて見せ、ほめてやらねば、人は動かじ。(話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。)」、

そして、外山滋比古氏が著書に書かれている言葉として、山本五十六の「~、人は動かじ。」の後ろに続けて、

「ほめれば、ブタも木に登る」を加えています。

「ほめること」の大切さを気付かせてくれますね。

ではでは。m(_ _)m

« 「わかりやすい企業年金」 久保知行著 を読んで パート2 | トップページ | 3匹のおっさん パート2? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/44795787

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょっとした勉強のコツ」 外山滋比古著 を読んで:

« 「わかりやすい企業年金」 久保知行著 を読んで パート2 | トップページ | 3匹のおっさん パート2? »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter