« 金利の動向について思うこと | トップページ | 「遊び心」  大前 研一著 を読んで »

2012年5月18日 (金)

「遊び心」を伸ばしたい!?

先輩より、大前研一氏の本について、『「遊び心」はよかった!』、というコメントをいただきました。

教えていただき、ありがとうございます!

しかし、残念ながら、「遊び心」は絶版本となっており、大きい本屋さん、ブックオフ、共に見つけることができませんでした。ざんねん。アマゾンでは、中古本を購入可能でしたが、そこまで追い求めるのは止めました。

そこで、アマゾンのレビューを読んで、少し読んだ気分になりたいと思います。

---------------------------

1.これは書き過ぎだろうというところが面白い!発想が広がりそうです。気分も良くなるし、ただ現実に戻ると・・・。でも元気でます。やはり頭がよくないと世の中生きられないですね。でも面白い!

2.自分の生活を見直し、如何に人生を楽しくするか!を考えるきっかけとなる本ではないかと思う。

3.大前さんの本の中で一番好きな本です!こういう人生もいいなあ、という気分になる。やはり「発想力(独創性)」と「遊び心」には深い相関関係があるようです。

4.著者が語る遊びは豪快そのもの!同時に、楽しむということに一本筋が通っていて爽快でもあります。遊びを通して豊かさなどを考えさせられることが多々あり、痛快かつ読み応えのあるエッセーでした。

5.出版当時(88年)は新鮮に思えたが今読み返すとそれほど新しく感じないが。

-----------------------------

きっと、大前氏は、オンとオフ、メリハリをしっかりとつけることができる方なのだと思います。

ここでちょっと書かれた時期を見ると、1988年という、バブル全盛期なんですね。当時、大前氏もマッキンゼーでトップの方に居られるときです。想像となりますが、仕事は、ある程度部下に任せることができるようになり、時間を創りだしては、遊びにも励む!当時を思えば、楽しむためにも随分とお金をかけられていたのかも?と思いました。

さすがだと思います。

ただ、個人的には、大前研一氏と同様に華やかな経歴を持つ一方で、「質素倹約」、「質実剛健」、「清貧」、「めざしの土光さん」と言われた土光敏夫さんに気が向くのは、やはり貧乏性なのでしょうか? 遊ぶの上手じゃないんですね。 (u_u。)

土光敏夫さん、当然に普通の人と比べれば、収入はあるのですが、生活費を除いて、残りは母親が創立していた女子高に寄附をされていたということです。

とても仕事ができて、生活は質素を信条とされていたようです。見習いたいと思う一方で、正直に言えば、自分自身としては遊びたいです。楽しいこと好きです。俗物です。でも、下手なんですね。だから、仕事もいまいち!?どれも中途半端・・・・・(。>0<。)

ブックオフでは、「遊び心」を買うつもりが、「悩む力」を買ってしまいました・・・(安かったし・・・)

ちゃんちゃん・・・

m(_ _)m

« 金利の動向について思うこと | トップページ | 「遊び心」  大前 研一著 を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/45260469

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊び心」を伸ばしたい!?:

« 金利の動向について思うこと | トップページ | 「遊び心」  大前 研一著 を読んで »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter