« 『坐禅和讃』 | トップページ | 「三昧力(ざんまいりき)」 玄侑宗久著 を読んで その2 »

2012年9月 2日 (日)

「三昧力(ざんまいりき)」 玄侑宗久著 を読んで その1

最近、「坐禅」をしてみたりしていますが、「三昧」とは、インドで古くから行われてきた静坐瞑想法とのことだそうです。

また、「三昧力」とは、幼児の如く柔軟で没頭しやすい心の在り方のこと。日本的な柔軟かつ「自他一如(じたいちにょ:他を生かさずして自己は生きていけない、自分のためにという生き方が、そのままに他のためにということでなければ自己は生きられない、これは自然の大道であり大原則です。本来は自他の区別などありえない、自他一如で利己はそのまま利他であり、利他がそのまま利己です。自他にこだわらない生き方とは、うばいとり、つかみとる手を、与えようささげようの手に変えていこうと心がけ、行動することで、そうすれば自他一如の世界で生きられる。自他一如の心を良寛さんは無心と言われた)」の心。

幼児にはたしかに自他の感覚が希薄、大人がそれを目指すのは決して「甘え」などではなく、いま最も求められている世界への親和力ではないか、と。

 

そして、“いろは歌”についても話がされています。

 

“いろは歌”とは、ググってみました。

「すべての仮名を重複させずに使って作られた誦文(ずもん、唱える文のこと)。七五調の形式となっている。のち、手習いの手本として広く受容され、近代にいたるまで約九百年間用いられた。それは、時に我々日本人の幼い心に、うたごころや、人生観、世界観や、言葉への親しみをも染み込ませることに他ならなかった。日本人の心の伝統と、美意識の特性を考える上で、この事は注意されてよいだろう。」とありました。

 

「三昧力」の本のなかでは、次のことが書かれていました。 なるほど~。

*****

「いろは歌」では、「有為の奥山今日越えて」と謳われる。

有為の奥山とは“人生そのもの”の喩えだ。つまり人は「無為自然」に生きたいと願っても、目標によって有為と感じないでは生きていけない。そして有為なる目標に近づくことを、奥山を登るように上昇することだと思いましょう、と謳っているのだ。

奥山を越えると、阿弥陀さまが現れる。迎え受けてくれる。それは目標を目指す自力の末に他力に出逢うことにほかならない。

そう考えると、目標をどうしても持ってしまう人生も、肯定できるのではないだろうか。要は、本来は「無為自然」であり、目標なんてものは人工的な計らいだとはっきり知りつつ、「方便」として意識的に目標を掲げるのだ。

新緑の、奥山の景色をもう一度よおく眺めてみることだ。景色が変化したのは盛んな生命力のせいなのだ。まずは小さな目標だけを見て歩き始めてみる。そうすれば、やがていやでも中くらいの目標まで見つかってしまうだろう。それで貴方は安心するに違いないが、もっと大切なのは、ときどき目標のない時間に戻ること。それが「ナムアミダブツ」の時間である。

 

「有為の奥山」を今日越え、いま「中陰(死後の世界)」にいる。そしてここから自分の人生を振り返ると、それは浅い夢をみていたようだし、酔っていたとさえ思える。これからは、「浅い夢を見るまい、酔いもするまい」と謳われるが、そんなことを宣言する必要もないくらい、幸せを感じているのだ。

「有為」もそれなりに楽しいものだから、どうか皆さんも「いろは歌」を玩味しながら長生きしましょう。

*****

 

ご参考までに、「いろは歌」となります。

 

いろはにほへど ちりぬるを (色は匂へど散りぬるを)

わがよたれぞ つねならむ (我が世誰ぞ常ならむ)

うゐのおくやま けふこえて (有為の奥山今日越えて)

あさきゆめみじ ゑひもせず (浅き夢見じ酔ひもせず)

 

「その2」へ、つづく・・・

 m(_ _)m

« 『坐禅和讃』 | トップページ | 「三昧力(ざんまいりき)」 玄侑宗久著 を読んで その2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/46927745

この記事へのトラックバック一覧です: 「三昧力(ざんまいりき)」 玄侑宗久著 を読んで その1:

« 『坐禅和讃』 | トップページ | 「三昧力(ざんまいりき)」 玄侑宗久著 を読んで その2 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter