« 「がん保険のカラクリ」(岩瀬大輔著) を読んで | トップページ | 「千日紅の恋人」 帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)著 を読んで »

2013年1月14日 (月)

「君たちに明日はない3-張り込み姫」より、葛谷葉子(Kuzuya Yoko)さんの曲紹介

以前、本の感想を書いておりました。

http://life-insurance2.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/3-4d22.html

その中で、

R&Brhythm and blues)について

~音楽のジャンルとなり、スイング感のあるリズムとビートに乗りながら、叫ぶように歌うのが特徴。のちのロックンロールなどのジャンルにも影響を与えた。1940年代後半に、ジャズやブルース、ゴスペルといったブラック・ミュージックが発展する形で生まれた。

 

そして 『葛谷葉子さん』の曲の詞が本の中に書かれていました。

その曲が、You Tubeでは見つけられなかったのですが、その曲の入ったCDをついにゲットしました!

偶然? 運命?・・・ブックオフで・・・( ̄○ ̄;)!

 

詞もいいな、と思いましたが、曲で聴くと、もっと良かったです!

曲を紹介できないのが残念ですが、詞を紹介させていただきます。

 

(曲名) Round & Round 

 

遥か遠く 果てしなく続く

この道は 辛く長いけれど

いつか笑える時が来るまで

その時まで 歩み続けよう

 

朝が来るたびいつも“今日こそ何かが変わる”とそう思うけど

いつもと変わらない今日がまた過ぎて いつもと変わらない明日が来る

 

そんな日ばかり続くけど でも それでも

どこかで自分を信じるしかなくて・・・

 

遥か遠く 果てしなく続く

この道は 辛く長いけれど

いつか誇れる時が来るまで

その時まで 歩み続けよう

 

何もかも投げ出して すべてきれいに忘れることができたなら

どんなに楽だろうなんて そんなことを考えたりするけど

 

私だけには見えている白い光

回り道をしながらでも行こう

43723265

↑葛谷葉子さん(ジャケットの写真より)

m(_ _)m

 

« 「がん保険のカラクリ」(岩瀬大輔著) を読んで | トップページ | 「千日紅の恋人」 帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)著 を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/48751932

この記事へのトラックバック一覧です: 「君たちに明日はない3-張り込み姫」より、葛谷葉子(Kuzuya Yoko)さんの曲紹介:

« 「がん保険のカラクリ」(岩瀬大輔著) を読んで | トップページ | 「千日紅の恋人」 帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)著 を読んで »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter