« 「会計のことが面白いほどわかる本(会計基準の理解編)」 天野敦之著 を読んで | トップページ | 「草枕」 (著者 夏目漱石) を読んで »

2013年5月18日 (土)

生命保険講座「生命保険会計」より

生命保険講座 生命保険会計より、「退職給付会計」について、前回のブログを補足する点がないかナ、と思い確認をしてみました。

 

当然に「会計のことが面白いほどわかる本(会計基準の理解編)」の方が詳しいわけでしたが、次の1点、“経過措置”の記載がありましたので、記録しておきたいと思います。

 

≪法人税法上の退職給与引当金≫

平成14年度の税法改正により、従来は一定限度まで損金算入が認められていた「退職給与引当金制度」が廃止となった。

なお、この廃止に伴って設けられた経過措置では、従来から損金算入してきた「退職給与引当金」の金額は、大法人については、平成14年度から4年間で取り崩し“益金”に算入することとなった。

(中小法人は10年で取り崩し)

 

国税庁Hpにも、同様の記載があるのですね。

ところで、やっぱり課税対象とする時は「国税庁」側が出されるんですネ・・・オモシロイですよネ。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5523.htm

 

平成25331日で、最大10年の経過措置期間終了により、いまの会計では「退職給与引当金」勘定が名実ともに?なくなっているんですね。

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

« 「会計のことが面白いほどわかる本(会計基準の理解編)」 天野敦之著 を読んで | トップページ | 「草枕」 (著者 夏目漱石) を読んで »

勉強・試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/51680610

この記事へのトラックバック一覧です: 生命保険講座「生命保険会計」より:

« 「会計のことが面白いほどわかる本(会計基準の理解編)」 天野敦之著 を読んで | トップページ | 「草枕」 (著者 夏目漱石) を読んで »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter