« 平成25年度 年金2について | トップページ | 「ニ・ニ六事件」に関する物語(小説)より »

2014年1月19日 (日)

「東京物語」、You tubeで鑑賞!

小津安二郎監督の1953年制作の日本の名作映画!

You tubeで全部観れちゃうんですネ。とてもよかったです。

 

戦後まだ10年も経たない頃となります。

当時は、新幹線が無いので、急行(夜行)で出かけるという“時代”の違いはありますが、この映画からは「人」と言うのは、いまも昔も変わってないんじゃないのかな、と感じられます。

 

物語は、

 智衆さんと東山千栄子さんが夫婦役でおじいちゃん、おばあちゃんとなり、その長男役を山村聡さん、長女役を杉村春子さんとなります。長男、長女は、二人とも日々とても忙しく働く世代で、親が広島から東京へ上京してきても、忙しくて時間がとれないと言う設定。

そこで、戦死した次男の妻役で、独り身となる原節子さんが義理の両親となる笠 智衆さんと東山千栄子さんを歓待される物語。

 

現代において、“技術”は目を見張るほどの進歩をしても、「人」と言うのは、変わってないんじゃないのかな、と感じるところです。
(そう、映画では、エアコンどころか、扇風機もありませんでした。団扇のみでした。)

 

それでも、広島に戻った母親が危篤となったときには、忙しい二人であっても、飛んで帰ります。いい人でもあると思います。広島なまり?だと「ええ人」になるようです。

 

自分自身を振り返っても、日々仕事で忙しくしているときには、こころにゆとりがなくなり、なかなか人に対してやさしく振る舞えなくなる。そんな自分がイヤになることがありますからね。

 

原節子さんがやっぱり綺麗なこと。

杉村春子さんがとてもいい味をだしていること。

 智衆さんが、当時49歳のようですが、70歳前のおじいちゃん役を見事にされていること。

これも見所ですネ。

 

You tubeはコチラです。

http://www.youtube.com/watch?v=m9xQCEnWGK8

 

m(_ _)m

 

Tokyo_monogatari_poster_2

Images

« 平成25年度 年金2について | トップページ | 「ニ・ニ六事件」に関する物語(小説)より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/54670868

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京物語」、You tubeで鑑賞!:

« 平成25年度 年金2について | トップページ | 「ニ・ニ六事件」に関する物語(小説)より »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter