« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月16日 (日)

大雪で・・・

渋谷駅では、ユーモアのある方がいるんですネ!

 

ハチ公に恋人が?

Bgdf6paccaalkbc

 

あれっ、子供まで!?

Bgftw6ncyaaidnt

 

あれっ、彼女がいっぱい!?・・・・・いいな!?

Bggybnjcqaaawud

 

犬も猫もかわいいですネ!

6360

m(_ _)m

法、令、規則、附則のちがいについて

『厚生年金基金法令通達集』、『確定給付企業年金/確定拠出年金 法令通達集』で出てくる、法、令、則

 

確かに保険でも、「保険業」、「保険業法施行」、「保険業法施行規」がありましたネ。

あまり、ちがいを意識していませんでした。( ̄◆ ̄;)

 

ちょっと復習をしておきます。(Webでググリました)

 

法令の種類には、「法律」-「政令」-「省令」とあり、そのうちある特定の法律の施行に関わる“細則”を定めた「政令」の名称が「○○法施行令」で、同じく「省令」が「○○法施行規則」となります。

 

内容的な違いとして、「政令」は法律の“委任”がない限り罰則を設けてはいけないことになっています(憲法第736号)。

“委任”とは、○○法の中に「……した者は、これを罰する。罰則の内容は政令で定める。」のように書かれていれば可能ということです(ただ実例は見たことがありません。あったとしても稀でしょう)。

たとえば、道路交通法の場合、信号機の意味などいろいろと細かい規定は「施行令」や「施行規則」に委ねていますが、罰則規定は「何円以下の罰金」とか「何年以下の懲役」などの量刑を含めて、すべて「本法」で定めています。

刑罰規定は国民の権利を制限するものなので、国会の審議を経たほうがよいという考えなのでしょう。

 

「本法(法)」:法律のため、国会で制定、改正される。

(改正というのも、「○○法の一部を改正する法律」「○○法施行規則の一部を改正する省令」を制定すること)

※「本法」というのは、関連法律や「施行令」、「施行規則」との関係で元になる法律を指して使われる言葉

 

「施行令」:政令のため政府(内閣)で制定、改正される

 

「施行規則」:省令のため各省庁(各省大臣)で制定、改正される。

 

「附則」:「法律」、「政令」、「省令」のいずれにも付けられるもので、その法令の施行日、施行にあたっての経過措置、その法令に関連する他の法令の改正等を定めるものです。

この制定・改正も、「法律」、「政令」、「省令」と同様の手続で行われる。

 

ふ~む、ふむふむ・・・・・o( ̄ー ̄;)

2014年2月11日 (火)

株価と金利の相関関係について

「すべては統計にまかせなさい」を読ませていただいて、ふと思うところがありましたので、書きとめておきたいと思います。

「一流の決断力」(植田兼司著)の中に次の記載がありました。

 

(前略)

これまでの日経平均株価の歴史的高値は198912月の38,915円です。私はその年の2月、日経平均が31,000円台のとき、講演会のレジュメに

「雲ひとつ なきぞ悲しき 平成の 相場にありて 落日を知る」という副題をつけました。

なぜなら、それまでの経験からいって、株式相場の反転下落をもたらす可能性の高い公定歩合の第一次引き上げが近いと見通していたからです。当然ながら金利が上がれば株価は下がる、逆相関の関係にあるのです。実際、公定歩合はその年の5月に2.5%から3.25%へ引き上げられ、年が明けると予想通り、バブル崩壊で株価は下落の一途をたどりました。その後日経平均は200810月に6,994円まで下落し、株価の下落目途として言い慣わされていた「半値、八掛け、二割引」(ピークの32%)のレベルを大きく割り込んだのです。個別銘柄を見ても、東京電力が9,420円(1987年)から120円(2012年)、野村證券が5,990円(1987年)から223円(2011年)というようにすさまじい暴落を経験した。

物事を注意深く観察し、さらに現状を確認することがまず基本です。その結果、自分の中に「大丈夫」(楽観)と「危ない」(悲観)が交錯し、決断に迷ったときは、悲観的な見方をベースにおいて考えて間違いありません。

 

確かに一般的には、「金利」が上昇すると「株価」は下がるといわれているようです。日本証券業協会のHPにも次の記載がありました。

 

理由の一つは、金利が上昇すると、株価の上昇要因である会社の業績に陰りが出てくるからです。会社の借入金の支払利息の増加が収益を圧迫したり、借入金を前提にした設備投資を見直したり抑制するようになるため、生産活動が停滞し、業績が伸びなくなるからです。

また、投資家サイドでは、住宅ローン等の金利上昇で支払利息が増え、消費が手控えられる一方、預貯金金利が上昇し、消費や株式投資より貯蓄の魅力が相対的に高まるため、株式を売却して預貯金にお金を移す動きが出てきて株価が下がることになります。

反対に、金利が下がると株価は上昇するといわれます。預貯金金利が低くなり魅力が薄れ、株式市場に資金が流れてくると考えられるからです、と。

 

ところが、生保1の「商品毎収益検証」のテキストを開くと、

『株価』と『金利』との相関関係については分からない、とありました。

10-12頁において】

株式等の価格と金利の相関関係は正確にはわからないこと、株式等の価格の変動のリスクは、価格変動準備金を含むソルベンシー・マージンで別途担保されていることから、日本の実務基準では、原則として株式等の価格の変動は金利のシナリオに含めなくてもよいことになっている。つまり、日本の実務基準にしたがって責任準備金の積み立てが可能かを検証する場合、別途、財務諸表上のリスク準備金がなされているので、原則として、株式等の価格の動向を金利のシナリオの一部として設定する必要はない。

10-98頁において】

・実務基準において、株式等の資産の価格変動による損益を除外しているのは、これが必ずしも市場金利に連動していると実証されたものではないこと、これらの価格変動は、別途、ソルベンシー・マージンで考慮すべきもの、と考えられるからである。

 

また、2000年以降は、逆相関というよりも正の相関を示している、とも言われてもいるそうです。

金融の自由化以降、政策的に金利が設定されるというより、例えば、先行きに対して強気の見方があるときは、株式に期待が持てるので、売買が活況になり、株式相場は上昇。企業経営者は設備投資を増やしますので、金利も上昇していくと。

実際に、現在の日経平均株価と10年国債金利は正の相関で約0.7となるようです。

 

さて、今後はどうなるのでしょうか?

アベノミクスにより、お金をいっぱい刷っているのでしょうから、貨幣価値が下がり、インフレとなって、金利が上がるのか。

それとも、現在、日経平均株価が上昇傾向にある中で、“一般論”として、逆の相関となり金利が下がる(下がったまま)となるのか。

 

ここで、世界ランキング統計局によると、世界5大陸214都市を対象に最も物価の高い都市は「東京」だそうです。世界一物価の高い都市だそうです。

ベスト10には、大阪(3位)、名古屋(10位)も入っています。

 

インフレにして金利を上げ、いま以上に物価を上げる必要があるのでしょうか?

日本の国の1000兆円を超える借金の支払利息も増えます。かたや、

公的年金のことを考えると資産運用利回りを出す必要があり、複雑なところもありますが・・・

 

引き続き「株価」と「金利」の相関関係は、注意深く観察をしていきたいと思います。

m(_ _)m

参考:世界ランキング統計局

http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

 

2014年2月 9日 (日)

「すべては統計にまかせなさい」 藤澤陽介著 を読んで

アク研会長、藤澤さんの本ですネ!

 

少しでも多く理解できるようにと読み返しました・・・( ̄○ ̄;)!

 

「統計」、そして「アクチュアリー」について、多くのことが書かれている本だと思いました。

興味のある方は、是非、買って読みましょう!!!

 

読んでいて頭に浮かんだ本がありました。

「はじめての統計学」(鳥居泰彦著)です。かなり版を重ねている本ですが、これに追いついちゃって欲しいですネ!

 

盛り沢山でしたが、例えば、ほんの少しですが、読むと次のことが”具体的”に分かりますヨ!!

 

・本の中では「統計学」と言わず「統計」と言われています。なぜか?

・「PDCA」だけでなく「PPDAC」という言葉がでてきます。これって何?

・行動ファイナンスの「フレーミング効果」って?

・「人口100人でみた日本」は どうなってるの?

・“リスク”を考える際に持っておきたい7つの視点って?

・ガリガリ君の当たる確率って、何パーセント?

・クリティカル・シンキングも体感できます!

・海抜ゼロメートル以下の国土をもつ“オランダ”でオランダの物理学者ヘンドリック・ローレンツの研究成果に基づき堤防が造られた話って?

  

・「極値理論」、「破産理論」、「一般化線形モデル」では、損保数理の勉強不足を実感しました。

( ̄◆ ̄;)

損保数理のテキストをちゃんと読まなくては!

それと、

やはり「年金改革の原点」(久保知行著)が読みたくなるのですが、入手困難でざんねんです。

最後に、

「統計」は少しでも進歩した社会ではきわめて必要なものである。しかし使い方にはよほど注意が肝要である。

単に技術に詳しいテクニカルな人が優秀なのではなく、高い倫理観を持った統計実務家がいなければ、世界は再び過ちを起こしてしまうのかもしれない。

と書かれていました。

この点では、心理学者VE・フランクルも「それでも人生にイエスと言う」のなかで、次のことを言われていした。

戦争、そして強制収容所の話しのなかで、

「『人間性』が問題であることもはっきりしたのです。すべては、その人がどういう人間であるかにかかっていることを、私たちは学んだのです。最後の最後まで大切だったのは、その人がどんな人間であるか「だけ」だったのです。なんといっても、そうです!どんなにおぞましい出来事のなかでも、そして、強制収容所の体験の中でも、その人がどんな人間であるかがやはり問題でありつづけたのです。」

 

人は一生学び続け、『人間性』も研き続けるとこが大切なのかな、と思いました。

 

みんなで読みましょう!!!

 

ありがとうございました! m(_ _)m

今から、藤澤さんの2冊目がとても楽しみです!

 

(* ̄ー ̄*)

51f7xgvg7l_sl500_aa300_

2014年2月 2日 (日)

1、5、8、1に+、-、×、÷を用いて10をつくる

カッコを利用しもよい。

 

土曜日、電車の中のある塾の広告が目に入りました。

そこに載っていた問題です。

思わず考え込んでしまいました・・・( ̄◆ ̄;)

目的地に着く1時間程、考えましたが・・・分かりませんでした~

(;´д`)トホホ…

 

みなさん、分かりましたか!?

 

さて、解答はコチラになります。ネットは便利ですネ。

 

8÷(11÷5)=10 でした!

 

ボクにはちょっと思いつきませんでした・・・

あ~あ、(´ρ`)

m(_ _)m

 


 

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter