« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

「嫌われる勇気」 岸見 一郎&古賀 史健 著 を読んで

岸見先生は、ブログ「京都だより」をされていて、最近は更新が無いナ~と思っていたら、いつの間にか?ベストセラー作家になられていたようです。

 

岸見先生は哲学者であり、アドラー心理学の研究者でもあります。

そして、アドラー心理学に基づき書かれた、その『嫌われる勇気』を読ませていただきました!

 

ありがとうございました~!m(_ _)m

 

「これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない!」

自分の人生を決めるのは、「いま、ここ」に生きるあなたなのだ! トラウマは存在しない!

 

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

 

「すべての人は対等である」

前を歩いていようと、後ろを歩いていようと関係ないのです。いわば、縦の軸が存在しない平らな空間を、われわれは歩んでいる。われわれが歩くのは、誰かと競争するためではない。

いまの自分よりも前に進もうとすることにこそ、価値があるのです。

アドラー心理学ではあらゆる「縦の関係」を否定し、すべての対人関係を「横の関係」とすることを提唱しています。

人はほめるのでも叱るのでもありません。自分の課題と他者の課題とを分離した上で、こうした横の関係に基づく“援助”のことを、アドラー心理学では「勇気づけ」と呼んでいます。

 

人間の「行動面」と「心理面」のあり方について

「行動面」の目標

 自立すること

 社会と調和して暮らせること

そして、この行動を支える「心理面」の目標として、

 わたしには能力がある、という意識

 人々はわたしの仲間である、という意識

 

アドラーは、相手を束縛することを認めません。

相手が幸せそうにしていたら、その姿を素直に祝福することができる。それが「愛」なのです。互いを束縛し合うような関係は、やがて破綻してしまうでしょう。

 

他者を「評価」しない。

人は感謝の言葉“ありがとう”を聞いたとき、自らが他者に貢献できたことを知ります。

人は、自分には価値があると思えたときにだけ、勇気を持てる」

人は「わたしは共同体にとって有益なのだ」と思えたときにこそ、自らの価値を実感できる。

自らの主観によって「わたしは他者に貢献できている」と思えること。そこではじめて、われわれは自らの価値を実感することができるのです。「共同体感覚」や「勇気づけ」はここにつながります。

 

「共同体感覚」、具体的には、自己への執着を他者への関心に切り替え、共同体感覚を持てるようになること。そこで必要になるのが、「自己受容」と「他者信頼」、そして「他者貢献」の3つになります。

 

もっとも分かりやすい「他者貢献」は、仕事でしょう。社会に出て働くこと。あるいは家事をこなすこと。労働とは、金銭を稼ぐ手段ではありません。われわれは労働によって「他者貢献」をなし、共同体にコミットし、「わたしは誰かの役に立っている」ことを実感して、ひいては自らの存在価値を受け容れているのです。

 

「自由とは、他者から嫌われることである」他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない。つまり、自由にはなれないのです。

自分を「行為のレベル」で受け入れるのか、それとも「存在のレベル」で受け入れるか。これはまさに「幸せになる勇気」に関わってくる問題でしょう。

ワーカホリックは調和を欠いた生き方です。

ワーカホリックは自分を「行為のレベル」でしか、自分の価値を認めることができなくなっているのです。

 

普通であることの勇気!

普通であることは、無能なのではありません。わざわざ自らの優越性を誇示する必要などないのです。

人生の意味とは何か?人は何のためにいきるのか?ある人からこの質問を向けられたとき、アドラーの答えは「一般的に人生の意味はない」と言うものでした。そう語ったあと、こう続けています。「人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ」と。

 

「他者に貢献するのだ」という導きの星さえ見失わなければ、迷うことは無いし、なにをしてもいい。嫌われる人には嫌われ、自由に生きてかまわない。自らの上空に他者貢献という星を掲げていれば、常に幸福とともにあり、仲間とともにある。そして、刹那としての「いま、ここ」を真剣に踊り、真剣に生きましょう。過去も見ないし、未来も見ない。完結した刹那を、ダンスするように生きるのです。誰かと競争する必要もなく、目的地も要りません。踊っていれば、何処かにたどり着くでしょう。

 

 

あたなが始めるべきだ。他の人が協力的であるかどうかなど考えることなく。

 

「哲学」のもとの意味は「知」ではなく、「知を愛すること」であり、知らないことを知ろうとすること、知にいたる過程こそが重要だからです。最終的に知に到達できるかどうかは問題になりません。

 

アドラーは“個人心理学”と言われているように、『個』を研き続けながら、「自信」を持って、より大きな“共同体”の中で「他者貢献」せよ!と言われているように、いまは思っています。

 

 

 

まだまだ難しいナ~・・・・・( ̄ヘ ̄)ウーム

 

それと、

7つの習慣」、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれ1996年に出版された、人生を幸福に導く成功哲学本であり、アドラーの影響を受けていると言われています。

以下の要約を読んでみると、やはり「勇気」につながると思えませんか?

*****

7つの習慣のベースには「インサイド・アウト(内から外へ)」という考え方があります。

 

あなたを真の成功と幸福に導くものは優れた人格を持つことであり、自分自身の内面(インサイド)から外(アウト)に働きかけることであるとする考え方です。

 

つまり、“影響を受けるより、影響を与える”という考え方です。人生の扉は、中から開くことしか出来ないのです。

内容は大きく3つに分類される。

 

Ⅰ.私的成功

第一の習慣:主体性を発揮する

第二の習慣:目的を持って始める

第三の習慣:重要事項を優先する

 

Ⅱ.公的成功

第四の習慣:Win-Winを考える

第五の習慣:理解してから理解される

第六の習慣:相乗効果を発揮する

 

Ⅲ.再新再生

第七の習慣:刃を砥ぐ

*****

やっぱり、『自信』と『勇気』ですよネ!

ありがとうございました~!!!

m(_ _)m

51etfntf1ol_bo2204203200_pisitbstic


51jhd9gek0l_sl500_aa300_

 

 

2014年3月21日 (金)

「押入れのちよ」 荻原 浩 著 を読んで

よかったです!

 

9話からなる短編集となります。

1. お母さまのロシアのスープ

2. コール

3. 押入れのちよ

4. 老猫

5. 殺意のレシピ

6. 介護の鬼

7. 予期せぬ訪問者

8. 木下闇

9. しんちゃんの自転車

 

これまで荻原氏の本は、「僕たちの戦争」、「明日の記憶」を本屋さんで立ち読みしたことがありました。

“小説”は「面白本」がいいナ、と思うところがあり、荻原氏の本は、面白いところもある半面、重いテーマ(僕たちの戦争では、やはり“特攻”が出てきます。永遠のゼロでは零戦でしたが、ここでは回天です。明日の記憶は映画化もされていますが、若年性アルツハイマーについてです)が入っていて、それ以上は読みあぐねていました。

今回、「押入れのちよ」が“よかった”と新聞に書かれていて、早速ブックオフで見つけて読んでみました。

 

短編集の中では、とくに次の3話が好きです!

・押入れのちよ

・コール

・しんちゃんの自転車

この3話は、ジェントル・ゴースト・ストーリー、日本語にすれば、「優霊物語」となるそうです。残されたものへの愛着、未練、孤独や哀愁のあまり化けて出る心優しい幽霊といった意味合いの言葉だそうです。

 

ちよは、明治39年生まれの14歳。ビーフジャーキーとカルピスウオーターが大好きな、丸ほっぺ、切れ長の細い目、色白で鼻も口もちいさいから、まるで饅頭に切れ目を二つ入れたような、おかっぱ髪の女の子。

もう一人の主人公が、28歳で大手百貨店を嫌みな上司に嫌われて、リストラされた恵太。

そこで、会社を辞め、収入が減ったことから、住まいも安普請なところへ引っ越す。その引っ越し先で、ちよと出会うことになる。

そんな二人の物語です。

ちよも生前14年間の人生は大変だったわけですが、優霊となったちよは、その時の苦労を見せず(忘れていて?)とてもかわいいんですネ!

人相学のできるちよは、恵太の再就職を支援する。恵太の持ってくる就職活動先の世間では立派な大企業と言われている社長の写真を見せると、ちよは、どの社長も「情け知らず、欲張り、見栄っ張り・・・」と評価する。

 

笑えました!( ̄▽ ̄)

 

結局、恵太は、社員10人程の零細出版社に再就職する。

「給料は安いし、ボーナスもなく、職場は汚いが、金を持てあました客に何百万もする時計や毛皮を売りつけたり、上司のご機嫌を伺ったりするより、ずっとましな仕事に思えた。」からだそうだ。

 

物語は、優霊ちよと恵太の奇妙な?二人暮らしはつづいていくことで終わります。

 

いいのかもしれませんネ!

仕事については、お金ではない、大企業とは限らないと思うところ、見習いたいところです!

お薦めの一冊です! ありがとうございました!

 

m(_ _)m

 

「押入れのちよ」で画像を検索!

本だと、もっと可愛く感じますが、ご参考!

Chiyo

74

Osichiyo

2493489i

おっと、これは違いましたネ!


20130617dog00m200074000c_450


m(_ _)m (*^.^*)

2014年3月16日 (日)

「労働協約」と「就業規則」のちがいについて

年金法令の中で、ときどき出てくるこの言葉、ちがいが今一つでしたので、調べてみました。( ̄◆ ̄;)

労働基準法では「“就業規則”は、法令又は当該事業場について適用される“労働協約”に反してはならない」とあります。つまり“労働協約”のほうが“就業規則”よりも優位に立つということになります。ただし、“労働協約”に反する“就業規則”は、「その部分について」無効となるものであって“就業規則”全文が無効となるものではないということです。

法律>労働協約>就業規則>(労働契約)

強い拘束力←            →弱い

となるようです。また、

「労働協約」と「労使協定」という言葉も出てきます。どちらも、使用者と労働者との話し合いで決めた約束事とという点では変わりないのですが締結相手が異なります。

「労働協約」というのは、労働組合と締結するもの。

労働組合法第14条【労働協約の効力の発生】労働組合と使用者又はその団体との間の労働条件その他に関する労働協約は書面に作成し、両当事者が署名し、又は記名押印することによってその効力を生ずる。

 

ところが、労働組合がない会社では「労働協約」は締結できない。

 

そこで、「労使協定」がある。

労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定。これが「労使協定」。

 

よって、過半数で組織された労働組合があれば、そこと締結します。この場合は、締結相手が労働組合であるので「労使協定」=「労働協約」となるようです。

ありがとうございました~!

m(_ _)m

2014年3月15日 (土)

~せんべろ Mission Possible(神田編)~

「せんべろ」、“始まりはいつも雨”?

平日の木曜日、始まりは雨でしたが、途中で雨は上がり、お酒のはいった中高年には傘要らずとなって、よかったです!

 

ハンドルネーム「酒楽遊心」、「ビール大魔王」、「ビールの鉄人」、「ボン」と、いかにも“せんべろの達人達”(単にのん兵衛と言うかもしれない?)の仲間に入れてもらい、せんべろの街「神田」へ行ってきました!

 

なんとか仕事を切り上げて、みんなより少し先に神田駅に着くと、神田駅前にある「味の笛」と言う立ち飲み屋さんを見つける。

まだ19時前と言うのに、とても混んでいました。それを横目でながめながら、西口へ回る。

 

早く着いてしまったので「神田江戸っ子寿司」(西口店)で、少し一人で腹ごしらえ。

せんべろの達人達にいわせると「“飲む前に食べる”なんて!」と言われてしまいましたが、名物と言われている「こぼれイクラ」を堪能できました。やっぱり、お寿司屋さんのお寿司は新鮮かつボリュームもあってよかったでした!

 

そして、最初のせんべろは、

神田南口沿いの「大越」というお店、とても元気のいいおじちゃんがいて、サービスも良く大満足!

ビールは大ジョッキで飲み、そして、煮込み、蛤むし、天ぷら、おさかななど、とても美味しかったです!

イイ感じで酔いながら、2件目へ突入!

「大越」から西口方面に少し歩いたところ、神田外語学院前にある「加賀屋」神田店へ!

ここでは、このお店ならではの名物と言われている、バイスというしそサワー、ポテトサラダ、あられ、煮込み、そして、せんべろではお馴染のハムカツなどを注文!

ハムカツは、新橋の「大露路」よりも上品な感じですが、これはこれでグッドでした!

 

悩み多き中高年(とくに自分!?)、思いっきり酔えて心がスッキリできたひとときを過ごすことができました!

 

ありがとうございました~!

いつか、飲みだおれても大丈夫なように“泊まり”で行きましょう!

m(_ _)m

010_2

014

2014年3月 9日 (日)

保険・年金セミナー「損保数理トピックス-歴史と要点」

38日(土)、岩沢先生の件名講義へ行ってきました!

 

藤澤さんの「すべては統計にまかせなさい」を読んで、損保数理の勉強不足を実感していたところに絶好のタイミングでの講義でした。ありがとうございました!

m(_ _)m

 

講義は、以下の4点を中心に、歴史を紐解きながら進められました。

1.損保数理とは何か

2.キュムラント←デンマーク語だそうです

 ・キュムラントとは、(モーメントがそうであるように)一群の特性値であって、やはりk=1,2,3について「k次モーメント」というものが定義されている。

3.破産理論

 ・クラメール=ラオの不等式:推測統計学の成果で、最もエレガントな中の1つ、n個の観測値に基づき、これ以上小さくなることは無い最小分散を定めた不等式

4.クレディビリティ理論

 ・アクチュアリーとベイズ統計学

 

「歴史」で興味を魅いたのは、数理統計でも、やはりイギリス大英帝国がつよいのは分かったのですが、社会保障制度がしっかりとしている北欧もつよいんダ、と妙に納得してしまいました。

 

                       
 

イギリス

 
 

スウェーデン

 
 

デンマーク

 
 

トーマス・ベイズ

 

17021761

 

「ベイズの定理」のベイズ

 

 

 

ゴルトン

 

1822-1911

 

相関概念や回帰の概念を導入

 

 

 

カール・ピアソン

 

1857-1936

 

三大推測統計学者の一人

 

正規分布以外の分布に従う母集団のあることについての認識を深め、ピアソン分布システムを構築された。

 

 

 

フィッシャー

 

18901962

 

三大推測統計学者の一人

 

 

 

ネイマン

 

1894-1981

 

三大推測統計学者の一人

 
 

ルンドベリ

 

1876-1965

 

アクチュアリーであり、リスク・セオリーの創始者

 

 

 

クラメール

 

1893-1973

 

アクチュアリーであり、“クラメール=ラオの不等式”のクラメール。

 
 

ティーレ

 

1838-1910

 

アクチュアリーであり、ティーレの微分方程式のティーレ。

 
 

ベルギー

 
 

スイス

 
 

その頃日本では?

 
 

ケトレー

 

1796-1874

 

現象に関する様々なデータを検証し、それらが「正規分布」に従うかどうかを検証した。

 
 

ビュールマン

 

1930- 

 

アクチュアリーであり、“ベイズ統計”を信頼性理論に応用。

 
 

二宮尊徳

 

1787-1856

 

藩の財政運営のため、今で言う時系列分析を行ったといわれている。

 

 

 

藤沢利喜太郎

 

1861-1933

 

日本生命、簡易生命保険の生みの親

 

 

また、講義では、

『ベイズの定理』を復習できて、「ベイズ統計学」では事後分布を求めるために、3つの特徴をもつことを学びました。

1.ベイズの定理を使った逆確率の考えを用いること

2.主観確率を用いること

3.事前に知識が無いときには、あらゆる可能性が等確率であると想定する

 

「異端の統計学 ベイズ」をご紹介いただきましたが、読んでみたくなりましたネ!

 

『マルチンゲール』の復習

そして、

『ボレル集合』が出てきました・・・・・( ̄○ ̄;)!エッ!

 

位相空間の開集合系(あるいは閉集合系)から可算回の合併、交叉、差を取ることによって得られる集合の総称である。

 

ボレル集合は測度論において重要である。これは空間内の任意の開集合(あるいは閉集合)上で定義された測度が、任意のボレル集合上で定義された測度を定めることによる。任意のボレル集合に対して定義される測度はボレル測度と呼ばれる。

( ̄へ ̄|||)ウーム・・・

 

また、本講義を受けて、なぜか『フェルミ推定』を思い出しました。数理統計的ではないかもしれませんが、やっぱり復習しておきます。

『フェルミ推定』とは、

実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することを指す。オーダーエスティメーションともいわれる。

フェルミ推定で特に知られているものは、「アメリカのシカゴには何人のピアノの調律師がいるか?」を推定するものである。これはフェルミ自身がシカゴ大学の学生に対して出題したとされている。

 

まず以下のデータを仮定する。

 

 シカゴの人口は300万人とする

 シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする

 10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする

 ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする

 調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする

 週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする

 

そして、これらの仮定を元に次のように推論する。

 

 シカゴの世帯数は、(300/3=100万世帯程度

 シカゴでのピアノの総数は、(100/10)=10万台程度

 ピアノの調律は、年間に10万件程度行われる

 それに対し、(1人の)ピアノの調律師は1年間に250×3=750台程度を調律する

 よって調律師の人数は10/750=130人程度と推定される

 

フェルミ推定では、前提や推論の方法の違いによって結論にかなりの誤差を生じることもある。

「フェルミ」とは、エンリコ・フェルミ氏(1901  1954年)からきており、1938年にノーベル物理学賞を受賞されているが、日本に原爆を投下したマンハッタンプロジェクトの中心的人物でもある。

正確な計算ではなく、おおよその値を計算する「概算」の達人でもあったことから、フェルミ推定と呼ばれている。

“論理的思考”を築くのに役立つと言われているようですが、数理統計的見地から言えば、正確な計算ではないところに目をつぶることになりますよネ!

 

セミナー、とてもよかったです!

またあれば、是非参加したいと思いました。

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

 

2014年3月 1日 (土)

「ピンザの島」 ドリアン助川/明川哲也著 を読んで

敗北感から逃れられない青年が、自殺衝動と闘いながら、青カビチーズの熟成に挑んでいく『物語』。

 

明川哲也(ドリアン助川)氏のFBの『ピンザの島』発刊の挨拶より、

 

『ピンザの島』という小説を上梓いたしました。

敗北感から逃れられない青年が、自殺衝動と闘いながら、チーズの熟成に挑む物語です。

ピンザとは宮古島でのヤギの呼称ですが、本作の舞台は架空の島であり、物語はあくまでもフィクションです。

しかし、私は、島の環境や登場人物たちの言動に「本当のこと」を詰めこんだつもりでいます。

肉親を自殺で失った友人が私には数人います。祝福されずに生まれてきたと、いまだ悩んでいる友人もいます。

自殺で去ることをほのめかす友人もいます。自殺で本当に逝ってしまった友人もいます。

そして、こうした友人を持つ私は、とりたてて変わった存在ではないでしょう。

みなさんにもそうしたお知り合いはいらっしゃるでしょうし、私と同じで「いや、実はそれは自分の問題なのです。敗北感や自殺衝動は自身にこそ眠っています」と胸のなかでささやかれるかもしれません。

 

私はまんなかではなく、端っこを歩いてきた人間です。

大きなお屋敷や、ひまわりのような立派な花が苦手です。

生きることを雄々しく語る人より、酒場で一人苦笑している人が好きです。

そのような人間が、それでも生を肯定しようと現存在をとらえ直した時、支えとなった感覚は「むきだしの命が持つ力」というものでした。

国家の後ろ盾も、肩書きも、いっさいの属性も失った時、つまり本来のひとつの命として海や空と対峙した時、私たちが唯一頼ることができるのは、自分自身の野性の力、むきだしの命なのだと私は思っています。

この力を信じて、人類は永々と歩いてきました。それは今も、これからも、変わらないことだと思うのです。

 

前作『あん』(ポプラ社)に続き、仕上げるまでに長い時間がかかった作品です。

取材でいくつかの島を訪れ、最初の原稿を書きだしてから5年以上が過ぎました。

途中で何度かへこたれそうになりましたが、みなさまの元にお届けできるところまでこぎつけたのは、ポプラ社の担当編集者やスタッフ、取材協力者のお陰であるとともに、私自身の「むきだしの命が持つ力」が決して敗れ去ろうとはしなかったからではないかと思っています。

 

明川哲也(ドリアン助川)氏のFB内“コメント”より

幸せって、人それぞれ違うと思うのですが、いばらの道を歩んできた人ほど、闘うのではなく(いや、闘いかもしれませんが)、自分なりの幸せに至ることが義務であり、レジストだと思うのです。そういう物語です。みなさんに読んでいただけることが、ボクなりの幸せです。

 

*****

 

自殺衝動と闘っている涼介、その状態にあった涼介を瀬戸際で助けてくれたピンザ(石垣島など南国では、ヤギのこと)の“ぶち”。

その後、食肉用として捕えられて食べられそうになった“ぶち”を助け出す涼介。

「むきだしの命が持つ力」を伝えているように思いました。

 

また、ピンザは昔の大航海時代に、必ず船の必需品として載せられて、男の性欲の処理をするためにも使われていたことには、いやはやビックリでした。

 

「姥捨て」の風習の話も出てきます。ますます進む少子高齢化の時代の中で、決してあってはならないこととして啓示をされているのかな、と思いました。

 

そして、著者はチーズとワインが好きだそうです。いろいろな種類の「チーズ」が出てきます。

ゴルゴンゾーラ、

ブリ、

カマンベール、

リコッタチーズ、

プロッチュ、

ロックフォール(青カビのブルーチーズ)とワインはソーテルヌ、

 

はっきり言って、全然違いがわかりません・・・

 

最後に、著者が物語の中で「本当のこと」として込められた気持ちかな~と、自分が思えたところを、一部ご紹介。

「生きるのって・・・・・・痛いね」

「無理は禁物っスよ」

「どんなことをしていても、みんな志半ばで人生を終わらせるんですよ。そこに善し悪しなんかない。真面目過ぎる人はこの感覚に慣れた方がいい。人生そのものを断とうとするより、百万倍もましだ」

「人間はなにかひとつ見つければいいのだ」

そして、

「死ななければ、生きていける」と・・・

 

前作の「あん」でも言われていました。

 

「誰にも、この世に生まれてきた意味がある」。

「どんな人も、どんな人生にも、この世界に生まれてきたことに意味がある。」

 

禅の哲学でも、どんなことがあっても(もう体力も気力も失せた、不幸のどん底にあっても)「乞食をしても、生きる」があります。

 

物語の中で、島の風習で、ピンザを食用としている。私たち人間が生きていくためには、動植物の“いのち”をいただくことは必要であり、その“いのち”によって生かされている。

よしっ!乞食をしてでも生きていこう!!!

 

それと、ワインとチーズって合うのかな~!?今度、試してみたいナ、と思いました。

 

前作「あん」のエッセンス。何度聞いても、イイですネ!

徳江おばあちゃんが千太郎店長に宛てた手紙をドリアン助川氏が朗読をされています。

愛知県新城市の桜 ドリアン助川 小説「あん」朗読

http://www.youtube.com/watch?v=FPgWjG52ePA

 

「ピンザの島」、「あん」、お薦めです!

ありがとうございました!m(_ _)m

515wts2ccel_sl500_aa300_

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter