« 「嫌われる勇気」 岸見 一郎&古賀 史健 著 を読んで | トップページ | 横浜から千葉県野田市へ通学、ガンバレ!? »

2014年4月 6日 (日)

「神様からひと言」 荻原 浩 著 を読んで

 

面白かったですヨ!

 

大手広告代理店を上司と喧嘩をして辞めて、「珠川食品」に再就職した佐倉涼平。

入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する涼平。実は、プライベートでも半年前に5年間同棲していた彼女「リンコ」に逃げられていた。

 

「神様からのひと言」とは、次の二つの意味があるようです。

1.「珠川食品」の社訓“お客様の声は、神様のひと言”として出てきます。 それと、

2.彼女「リンコ」に戻ってきてもらえるように、再会できたときの最初の言葉をアドバイスしてもらった、公園に行くと会うことができるジョン(実際はハウスレスのひと)のひと言を“神様のひと言”と言われています。

とても洒落ていますよネ!

そのひと言は「また、よろしくぅ」で、ハッピーエンドでした ヽ(´▽`)/

 

読んでいて、なるほどネ、と思えたところを書き留めておきます。

 

「部長だ課長だ役員だなんて言ったって、しょせん鍋の中で昆布とちくわが、どっちが偉いかなんて言い合ってるようなもんだ。考えてみ、このおでん屋じゃ“牛スジ”が一番高くて偉そうだけど、他の食い物屋へ行けば使っちゃもらえない。こんにゃくはここじゃ安ものだけど、味噌田楽の店に行けば堂々のエリートだよ!」

「ちくわぶは言って見れば専門職。天職を見つけたやつだな。よそには行けないけれど、おでんの中では存在感を示すことができる。似ていても、ちくわはよそにも転職が可能だ。そう考えてみれば、簡単だろ。お前がこのじゃがいもだとする。おでんの中なら、ただの平社員だ。でも肉じゃがの皿の中なら共同経営者だよ。じゃがバタなら押しも押されぬ社長!、社員はバターと塩だけだけれどな」

「会社の序列なんて、たいした順番じゃないんだよ。一歩外に出たら、ころりと変わっちまうかもしれない。でも、子どもの時から一生懸命に競争して、ようやく手に入れた順番だからね、そこからこぼれ落ちたくないんだな」

「みんな、何が怖いんだろな・・・人のことは言えない。俺もだよ・・・俺は何が怖いんだろう」

 

そして・・・

涼平は、有益でも合理的でもないことがしたくなったのだ。時代のトレンドも、消費者のニーズも、他者を蹴落とす戦略もない場所へ行くことに決めた!

 

200210月に書かれた物語でした!

 

ありがとうございました。m(_ _)m

51bemdpbd4l_sl500_aa300_

« 「嫌われる勇気」 岸見 一郎&古賀 史健 著 を読んで | トップページ | 横浜から千葉県野田市へ通学、ガンバレ!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/55667012

この記事へのトラックバック一覧です: 「神様からひと言」 荻原 浩 著 を読んで:

« 「嫌われる勇気」 岸見 一郎&古賀 史健 著 を読んで | トップページ | 横浜から千葉県野田市へ通学、ガンバレ!? »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter