« 厚生年金基金の歴史 | トップページ | 2年振りの再会! »

2014年7月28日 (月)

「阪急電車」-有川 浩著 を読んで

有川さんは女性作家なのですが、この本に出てくる女性陣は「いいネ!」と思いました。o(*^^*)o

 

~魅力あふれる女性陣~

翔子:社会人5年目 (P25

ミサ:女子大生 P74

権田原 美帆:甲東園の大学(関西学院大学)の一年生 P108

悦子:甲東園の高校生 P172

ユキ:社会人 P238

そして、犬好きの時江おばあちゃんと孫娘の亜美 P4251

 

彼氏を寝取られた翔子と時江おばあちゃんとの阪急電車の中での会話 P46

「昔からいるものよ、そういうちゃっかり女って。災難だったわね。」

「変な人」

と、これは時江に向かっての感想らしい。「普通は、どんな恨みがあっても相手を呪うようなことはするものじゃないって言いますよ。特にあなたくらいの年齢の方なら」と翔子。

「それだけのことをされて相手を呪わずにいられるなんて聖人くらいのものよ。行動力があって後悔しない決意があるなら殴り返したほうがよほどスッキリするわ。」

「呪うには呪うだけの覚悟と贖い(※賠償の古語で、一般には罪を償う、あるいはそれに相当することを行うことを意味する)が要るものよ。あなたは我が身を傷つけてまで呪ったんでしょう。だとすれば、その決意に他人が賢(さか)しげに説教なんかできるものじゃないわ。」と時江。

 

かっこはいいが人前で怒鳴る彼氏と付き合っているミサと時江おばあちゃんとの阪急電車の中での会話 (P81

「下らない男ね」

あっさりとそう切り捨てられた彼氏のことだが、ミサはしばらくそうだとは気がつかなかった。

気づいてガツンとショックを受けた。赤の他人(時江)から下らない男だと斬り捨てられるような男と自分はいま付き合っているのだ。

「やめておけば?苦労するわよ」と、さらに時江が言う。

 

社会人の翔子と女子大生のミサとの会話

「阪急電車」の中で出会い、そこからの会話です。(P219

「そうそう、そこ。安くてけっこうおいしいんです。」

女子大生の指定はたぶん、懐具合からくるものだろう。お茶くらい奢れるからどこでもよかったが、今は奢りたくない。

彼女とはなんだか年の離れた友達になれそうな気配がしていたからだ。

最初に奢ってしまうと相手が引け目を感じて繋がる縁も繋がらなくなる。そういうものだ。それなら相手の懐具合に合わせた方がいい。

「お姉さんにはちょっと釣りあわへんかもしれんけど・・・」

やっぱり女子大生は微妙な引け目を抱いている。

「そんなことないわよ。社会人でも一人暮らしは苦しいんだから。贅沢はたまにするから価値があるのよ。閉店前のスーパーの値引きとか回転ずしとか大好きよ、私」

 

ユキと、阪急電車で知り合った彼氏 征志との約束事

デートはお互いの誕生日以外は割り勘というルールをユキが最初に提案した。(P243

 

なかなか居ないですよね、ユキのような彼女って・・・

 

最後に、物語の中で、『桂月』という土佐の地酒がおいしいと紹介されていました・・・ウ~ム、飲んでみたい・・・

また、すでに映画化もされていたんですネ。

 

ではでは m(_ _)m

 

「阪急電車」予告編

https://www.youtube.com/watch?v=69qeTt-_RmA

 

「阪急電車」イントロ

https://www.youtube.com/watch?v=fYNBKOlq7u0

 

そして、阪急電車 スピンオフドラマ~征志とユキ~

https://www.youtube.com/watch?v=8Qfbf4_tz_0

 

映画「阪急電車」公式サイトでした~

http://hankyudensha-movie.com/

Middle_1219112087

Middle_1280966286

« 厚生年金基金の歴史 | トップページ | 2年振りの再会! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/56925577

この記事へのトラックバック一覧です: 「阪急電車」-有川 浩著 を読んで:

« 厚生年金基金の歴史 | トップページ | 2年振りの再会! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter