« 「コラプティオ」  真山 仁著 を読んで  | トップページ | 平成26年、公的年金について  »

2014年9月14日 (日)

「コラプティオ」 (真山 仁著)を読んで-番外編

“物語”とは別に気になったところとして・・・

※黒字は本より、緑字は一人言です!

 

「職業としての政治」 マックス・ウエーバー著(P182472

「虚栄心」は政治家にとっての大罪だと言っている。無論、政治家は無欲な解脱者(人智の進歩を指し、あらゆる束縛、煩悩からの解放を意味する。悟りとは自己の要素の認識・苦しみからの解放を指す)であるべしとは思わない。そんな人物には魅力がない。虚栄心や欲望は大なり小なり必要で、それが充たされることで、政治家はさらに大きくなる。ところが、虚栄心というのは本人が気づかぬうちに膨張し、理性や自省を食い潰す。慢心を生み権力に溺れて、本来有していた“徳”を崩壊させてしまう怪物だ。

 

「職業としての学問」は読んだことがありましたが(内容は、ほぼ忘れてますが・・・)、“政治”はあまり関係ないかな~と思い読んだことがありませんでしたが、興味が湧きました!

 

「君主論」 マキャベリ(P213

「意志の勝利」 ヒトラー(P280

どちらも個人的には嫌いですネ~

 

ゲーテ(P288

権力を得るということは高くつく。つまり権力は人間を愚かにしてしまう。

チャーチル(P288

悲観主義者はすべての好機の中に困難を見つけるが、楽観主義者はすべての困難の中に好機を見出す。そうだ、楽観主義で行こう!

 

マスコミの本分 『権力の監視』 (P230

 

なるほど~!

 

そして、お酒や食べ物については、

「十四代 純米大吟醸 龍泉」が出てきましたヨ!

ごく最近まで日本酒は飲めなかったのですが、会社の同僚に「獺祭」を教えていただく機会があり、とても飲みやすく感じて、それから少しずつ?日本酒が飲めるようになりました。そこで、どんな日本酒?とググってみたら、滅茶苦茶に高いのでビックリでした。一升瓶一本20万円・・・とても飲めませんネ~・・・

あと、

「アイリッシュモルト(ウイスキー)」(アイルランド共和国および北アイルランドで生産される穀物を原料とするウイスキー) (P301)や「バーボン」(ウイスキーの一種で、原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含んでおり、定められた製法でつくられたもの)(P393)も登場!

そして、お寿司屋さんでは、麹町にある「蛇の新」さん(P431)がありました。

食べログでは、3.0と普通のようですが、回転しないお寿司屋さんとしては、価格は高くないようなので、一度行ってみたいと思いましたヨ!

 

ハーバード大学のサンデル教授の正議論より、(P438

教授が唱える“美徳を涵養する”ことと“共通善”で『政治』は回らないと・・・

「正義」の概念は千差万別であり、道徳的な色合いが濃すぎて現実の『政治』には馴染まない。

 

なるほどネ~!

 

どんな状況でも人は生きられる。(p489

 

ふむふむ・・・

 

「言葉とは力」

コラプティオは言葉と言葉の闘争の物語である、と。

 

“言葉”って、大事に使わないといけないですよネ!

 

真山氏の本では「ハゲタカ」がとても印象的で、自分の勉強にもなりましたが、「コラプティオ」も良かったです!

ありがとうございました!

m(_ _)m

L_koraputhyo_b_o

080927

« 「コラプティオ」  真山 仁著 を読んで  | トップページ | 平成26年、公的年金について  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/57369846

この記事へのトラックバック一覧です: 「コラプティオ」 (真山 仁著)を読んで-番外編:

« 「コラプティオ」  真山 仁著 を読んで  | トップページ | 平成26年、公的年金について  »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter