« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

「戸塚」で、一人せんべろ!?

とある試験を受験のため、戸塚にある明治学院大学へ、出かけてきました。

横浜に住んでいるので、試験地を「神奈川県」にしたら、ちょっと遠いんですよネ!

 

試験の結果があてにならないので、戸塚まで行くからには、“せんべろ見習い”として、戸塚駅近辺を探索もして来ようと思いました。

(ただ、飲みたいだけかも!?)(;´▽`A``

 

事前に食べログで少し検索!

駅近くの「なごみや」、「鳥久」をメモり、更に、銭湯では昭和のレトロを感じさせる「矢部の湯」をチェック!!

 

試験後、まずはお腹が空いたので、少し食べてからと思ったのに、日曜日だから?? 「なごみや」、「鳥久」、共にお休み~!

エッ~~~~~!

慌てて、銭湯「矢部の湯」へ!

よかった~~~、銭湯はお休みじゃありませんでした!

ここの「矢部の湯」、今では、戸塚唯一の銭湯。1961年(昭和36年)創業となるので、創業53年、まさに「三丁目の夕日」時代ですよね!

 

今も、男湯と女湯の“間”にある番台、中に入ってみれば、男湯と女湯の仕切りの壁の高さが低かったり、蛇口からお湯と水の出る洗い場は多いものの、シャワーはなんと、出入り口のところに1台のみ。当然、ケロリン洗面器!

 

「ゆったりとした気分になれて、とてもよかったです!」

 

「矢部の湯」の後は、戸塚駅近辺を散歩。

「中華料理 大陸」で、一杯いただいて、帰りました。

「中華料理 大陸」も食べログにありましたが、安くてボリュームあり、がポイントのようで、中高年には向かなかったかもしれません・・・

でも、ごちそうさまでした!( ̄▽ ̄)

 

戸塚、かなり魅力ある街と思いました。

 

ありがとうございました~!

m(_ _)m

昭和の香りいっぱいの「矢部の湯」
A5ddddb877e5abffd2c1c1808c7460c4

4739c93ce5e7b3c2451ef7119710da25

2315024ef8bbf19b0220ea4044261e37

2014年10月11日 (土)

「すかいらーく」と「デニーズ」のビジネスモデル

最近は、ガストばかりで“すかいらーくレストラン”を見ないナ~と思っていたら、2009年時点で、全店消滅していたんですね。認識できておりませんでした・・・

 

すかいらーくは『一億総中流時代』(昭和40年代以降、自分の生活水準を「中の中」とする回答が最も多く、「上」または「下」とする回答が合計で1割未満だったことなどが根拠とされる。日本において国民の所得・生活水準に大きな格差がないことを指していたが、平成初期(1990年代前半)バブル経済崩壊後は、格差社会の進行が認識、問題視されている。)において、その店舗数を伸ばしてきましたが、バブル崩壊以降は、すかいらーくグループ自体が、ガストを中心とした低価格路線に変更する中で、すかいらーくは消滅したようです。

 

ところで、「すかいらーくグループ」とは、

コーヒーショップ「ジョナサン」、中華料理「バーミヤン」、和食「藍屋」など新業態を開発し、レストラン業界のリーディングカンパニーとして成長。1993年には、外食産業のうちテーブルサービスレストランとして初の1000店舗出店を達成した。

ところが、バブル崩壊により、当時720店あった「すかいらーく」のうち、420店舗を約1年でガストに転換。「おいしい料理を、ポピュラープライスで、自宅のダイニング感覚でお食事を」をコンセプトに、客単価を大幅に下げたために1993年頃には業界で「ガスト化」「ガスト現象」など呼ばれるブームを巻き起こした

200910月、野村プリンシパル・ファイナンスは現存の「すかいらーく」をすべて「ガスト」へと転換を発表。これにより、創業時からの主力であった「すかいらーく」店舗はすべて消滅した。

Wikipedia より

 

しかも、現在はすかいらーくグループ自体が米国の投資ファンドグループの傘下にある状況となります。

 

一方で、

『一億総中流時代』に同じ路線と思えます「デニーズ」もバブル崩壊後に苦境に陥るのですが、高価格路線に変更することで成功して、今に至っているようです。

 

なんか、格差社会を象徴しているようで、複雑ですネ・・・

 

参考として、デニーズ復活については、以前、日経MJmarketing Journal)に掲載されていたようです。

QSC(Q:クオリティー(品質)、S:サービス(サービス)、C:クリンリネス(清潔さ)という意味です。 特に飲食店に於いては重要なキーワードです)の改善は重要ですが、それだけでデニーズの業績が継続的に好転したわけではありません。

 

【デニーズを復活に導いた経営戦略】

[商品]あえてセントラルキッチンを持たず、メーカーの設備・技術を活用して、商品開発の自由度を高める来店頻度の向上

[販売]店舗従業員に権限を大幅に移譲し、士気を高める接客サービスの向上

[客層]シニア・女性をターゲット

[地域]近くて便利な立地で、高級レストランと差別化

 

商品開発は、セブン&アイグループの流儀に則って、メーカーと一緒にチームで行うようです。セブンプレアムのPB開発と同じやり方ですね。さらに、 初期投資が大きく、機械設備の制約を受けるセントラルキッチンを持たないことで、メニュー開発の自由度を高めることができます。その結果、頻繁なメニュー 改定・新メニューの発売が可能になり、顧客の飽きを防止できます。これは、利用機会の増加、客数増につながります。

 

販売に関しては、店舗従業員に権限を大幅に移譲することで、実際に顧客と接する店舗の意向を取り入れているそうです。その結果、顧客に合ったサービスが提供できるだけでなく、従業員の士気を向上させることができ、その結果、サービス向上につながります。

 

客層は、シニア・女性をターゲットとすることで、客単価の引き上げに成功。高めのメニューを中心にすることで、コンビニとの競合を回避できます。興 味深かったのは、オフィス街にある店舗の夕方時には、3050代の女性一人客が大部分を占めているという点。消費意欲の高いシニア層だけでなく、比較的 購買力のある働く女性も主要ターゲットになっているようです。

 

地域戦略では、高品質・高単価メニューで競合する高級レストランと、立地の便利さで差別化。記事では高級レストランとされていますが、どちらかというと少し高級な洋食店の 方が合っているかもしれません。洋食を食べたい時に、営業時間が短く遠くの洋食店に行くなら、近くのデニーズにしよう、と考える消費者を容易に想像できます。

 

今週、デニーズへ行ってみましたヨ。

確かに、自分たち中高年世代にある“ファミリーレストラン”のイメージで入ると、少々高めの印象でしたが、味は美味しかったですネ!

一方、“ファミリーレストラン”は、高価格、あるいは低価格路線でなければ、成立しない以上、すでに『一億総中流時代』は完全に崩壊して、「格差社会」が現存していることを認識しなければならないんですネ。

ー_ー’

 

普通に働いたら、普通に生活ができること。それ以上にがんばったら、ちょっぴり贅沢ができるくらい。それ位でいいんじゃないかナ~と思ったりしています。少欲知足ですかネ。

ではでは、

m(_ _)m

今は無き、すかいらーく
Skylark_0212

デニーズ
Images

2014年10月 5日 (日)

2014年 ボランティアデー、アンド・・・

104日(土)は、ボランティアデー!

職場のみんなと、職場のある街の清掃作業をしました!

 

涼しい中での清掃でしたが、一通り街を歩きながら清掃した後は、じっとりと汗ばむところでした。

 

大変、お疲れさまでした!

 

その後は、喉をうるおしに、神田へGo!!!

名づけて『神田で広げるせんべろの輪!』

 

最初に喉をうるおす場所は“馬力 神田店”

「たかが清掃、されど清掃」で、喉をうるおすつもりが、最初のお店から、勢いよく飲み過ぎてしまったようです。( ̄○ ̄;)!

 

すでに2軒目から、ただの酔っ払いになってしまったかもしれません・・・

(´д`)

 

2軒目は、すぐ隣にある「大越」さん、今回2回目!

こちらは“吉田類の酒場放浪記”のほか“おんな酒場放浪記”にも出てくるそうです!

 

したたかに酔ってしまいました・・・

(@_+ *)ヨッパラッタ

 

つぎは「神田アクアハウス江戸遊」へGo!!!

ここは、とてもいい湯でしたが、酔いを抜くどころか、酔いが回ってきてしまったようです。

フラフラ (((o))) フラフラ!!

 

この後は、酔いをさますべく?神田界隈をすこし散策、

「昌平橋」を渡りながら、その隣の「万世橋」(1943年に万世橋が駅としての機能を休止して以来70年ぶりに公開される階段や旧万世橋駅プラットホームを活用した展望デッキ「マーチエキュート神田万世橋」として再生されたそうです)を眺めつつ、逆方向には、あらっ? 従妹の通っていた「東京医科歯科大学」がここにあるんですネ~!

大学とはいえ、近代的な建物に見えましたヨ。

最近、従妹のブログは更新が無いようですが、メールでは元気なようですので、何よりです。

(´∇`)

 そのまま、「神田明神」でお参りもしてきました!

 

その後、3軒目は「みますや」さんへ、なんとか到着・・・

ここは、創業明治38年(1905年)、なんと日露戦争の時代ですネ。東京最古の老舗酒場だそうです。確かに昔を感じさせる建物でした。大正12年(1923年)の関東大震災、その後の太平洋戦争をくぐり抜けてきた酒場ということですネ。

すごい!ヾ(0;

 

と語りながらも、せっかくの老舗酒場なのに、なにを食べたのか、よく覚えておりません。

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

 

ただ、飲みを抑えたことで、なんとか酔いが少し治まったようです。

その後、新橋へ出て、4軒目は「酒蔵かっぱ」さんへ

ここで、なんとかチューハイを飲めるところまで復活!

お刺身をおいしくいただきました!ありがとうございました!

 

最後の締め(一部除く?)は「新橋 大勝軒」でラーメンを食しました。

 

いやあ~、もう全てが一杯!盛り沢山! M先輩、酒楽游心さん、ブッチーさん、キヨPさん、ズーハオさん、ビール大魔王さん(すべてハンドルネーム)、本当にありがとうございました!!!!!m(_ _)m

 

つわもの達は、それから、もう2軒行かれたようですが、こちらはへろへろでしたので、帰ることとしました。

 

来年も、ボランティアをしながらも遊心は忘れずに、また行けることを楽しみに、日々精進していきたいと思います!

1軒目の「馬力」さん

013

009
2軒目「大越」さんのロースハム焼き、おいしかったです!
021_4

銭湯です!いい湯でした!
052_2

神田、万世橋の辺り
062_2
こちらは「東京医科歯科大学」
Cimg0280
「神田明神」お参り~!
068

めいっぱい感謝! m(_ _)m

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter