« 「多摩川物語」 (ドリアン助川(明川哲也)著) を読んで | トップページ | 「ダブルギアリング」  真山 仁著 を読んで その1 »

2015年1月10日 (土)

「戸越銀座温泉」へ

行ってきました!

あの『孤独のグルメ』著者 久住 昌之「ちゃっかり温泉」 という本に載っていたと思います!

 

東急池上線「戸越銀座」駅より徒歩5分。入湯料480円也!

創業40年の銭湯「中の湯」が、平成194月にリニューアルオープン。“天然温泉”を導入して「戸越銀座温泉」として生まれかわったそうです。

とても近代的なビルとなっており、「温泉」となるのは、3階の露天風呂になります。少しぬるめですが、その分、ゆっくりとできますネ。

ただ、ちょっと狭めでした。45人で一杯になります。テレビが観られるのですが、その分、テレビの前の一人分のスペースがデッドスペース(テレビが観られなくなるので、そこには座れません)になっていて勿体ないですネ。テレビは無くていいと思いました。

2階が銭湯になっていて、白湯のお風呂のほか、ジャグジーと電気風呂がありました。とても温まりました!

お風呂から上がると、1階には、ここは広めの飲食スペースがあり、ビールも飲むことができます!

当然、一杯飲んでから帰りました!

結構賑わっておりました。混んでいました。近代的なビルですが、脱衣所と露天風呂がそれほど大きいわけではないので、混み合い気味だったのが、ちょっぴりざんねん。

当然、「銭湯」ですので、タオル、石鹸、シャンプー・リンスは持参くださいませ。

戸越銀座は、「戸越銀座商店街」も有名ですよね。結構飲み屋さんも多かったのですが、今日はがまんして帰路につきました。

 

いいお湯でした!ありがとうございました!

 

m(_ _)m

123711281024116409097_img_1453_2009

« 「多摩川物語」 (ドリアン助川(明川哲也)著) を読んで | トップページ | 「ダブルギアリング」  真山 仁著 を読んで その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/58540444

この記事へのトラックバック一覧です: 「戸越銀座温泉」へ:

« 「多摩川物語」 (ドリアン助川(明川哲也)著) を読んで | トップページ | 「ダブルギアリング」  真山 仁著 を読んで その1 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter