« 「年金改革の原点」 久保知行著 を読んで | トップページ | 「PK」(伊坂幸太郎著) を読んで »

2015年2月23日 (月)

Story Seller annexを読んで

Story Seller123を読んできましたので、これも読んでみましたヨ!

Annexということで、『別冊Story Seller』ということですかネ!

 

今回は、次の6編で構成されていました。

 

□暗がりの子供(道尾俊介氏)

 もうすぐ妹の生まれる姉の莉子が嫉妬する物語です。物語の進行は表題通り“暗い”イメージのため、あまり好みではありません。すいません・・・

□トゥラーダ(近藤史恵氏)

 “トゥラーダ”とは闘牛のことだそうです。

ポルトガルを舞台に、自転車競技に挑戦している白石誓とドーピング疑惑のかかった同僚ルイスとの物語。ふむふむ・・・

R-18 (有川浩氏)

 2次元エロは3次元における性犯罪を助長させるのかという、会話風物語。なるほど・・・

□万灯(米澤穂信氏)

 ホラーに分類されるようです。

 なので、自分にはいま一つ。ざんねん!

□ジョン・ファウルズを探して(恩田陸氏)

 ジョン・ファウルズを知っているひとには、面白いように思います・・・

□約束(湊かなえ氏)

 個人的には、よかったです!

 国際ボランティアで、“トンガ”に来ている理恵子と、なんでも器用にこなす彼氏の宗一との物語。宗一は、一流大学出身の銀行員、ルービックキューブは瞬時に6面を揃えることができるように、なんでも器用にこなす。それで、最初は尊敬をしていたが、できるが故に、他人をすこし見下したところがあり、褒めることができない。器が小さいことに気づく。最後はそれぞれにお互いの道を行く。

ところで、湊 かなえ氏について。

子供の時から空想好きで、小中学校の図書室で江戸川乱歩や赤川次郎の作品に親しんだ。

武庫川女子大学卒業後アパレルメーカーに就職し、青年海外協力隊隊員として“トンガ”に2年間赴いた後、淡路島の高校で家庭科の非常勤講師となる。結婚後「形に残せるものに挑戦したい」と創作を始めた。昼は主婦業をこなし、朝晩は執筆に励む。(Wikipediaより)

 

湊氏も“トンガ”にいたことがあるんですネ。

読んでいて、“トンガ”に思い入れがあるように感じました。

トンガは国民の95%以上がクリスチャンであることも初めて知りました。教会も数多くあり、みな日曜日には教会に通うそうです。

トンガ人はのんびりしている。“トンガタイム”と言う、時計の針とは別の、ゆっくりと時を刻む針が、島のどこかに存在しているのではないかと思う。

「九時のバスでしょ? 午前中に来ればいいわ」と・・・

 

大変興味深く読むことができました!

ありがとうございました!

 

m(_ _)m

51n6t1ukl_sy344_bo1204203200_

« 「年金改革の原点」 久保知行著 を読んで | トップページ | 「PK」(伊坂幸太郎著) を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/59027510

この記事へのトラックバック一覧です: Story Seller annexを読んで:

« 「年金改革の原点」 久保知行著 を読んで | トップページ | 「PK」(伊坂幸太郎著) を読んで »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter