« 「お任せ!数学屋さん」 (向井湘吾著)を読んで | トップページ | 「キネマの神様」 原田マハ著 を読んで »

2016年2月 3日 (水)

「面倒だから、しよう」 渡辺和子著 を読んで

「置かれた場所で咲きなさい」

Bloom where God has planted you. (神が植えたところで咲きなさい)

に続いて、渡辺さんの「面倒だから、しよう」も読みました!

 

「置かれた場所で咲きなさい」と似たところもありますが、とくに印象に残ったところを!

 

「面倒だから、しよう」

“お金”が大切であり、必要なものであることは、しみじみ経験もしています。でも、“お金”の多寡が人の心の、幸せの尺度でもあり得ないことも知りました。「人はパンだけで生きるのではない」のです。自分自身の弱さを知りながら、情欲に打ち勝って、人間らしく、主体性を持って生きる。心の充足感で生きるのです。

人には皆、苦労を厭い、面倒なことを避け、自分中心に生きようとする傾向があり、私もその例外ではありません。しかし、人間らしく、よりよく生きるということは、このような自然的傾向と闘うことなのです。したくても、してはいけないことはしない。したくなくても、すべきことをする。自由の行使こそは、人間の主体性の発現にほかなりません。

安易に流れやすい自分と絶えず闘い、面倒でもする人、倒れてもまた起き上がって生きてゆく人を育てたいのです。

 

そして、

「今」を確実に生きる!

夢を持たずに、ひたすら目標にむかって努力する生き方もある。

自分が選んだ道を一歩一歩踏みしめていこう!

“夢を持たずに”

と言うところ、印象的ですね!

先日は、「それでも僕は夢を見る」を読んだばかりですが、その両方に矛盾は無いように感じています。

夢は必ずしも叶うわけではない。

その中で、夢を持ち続けることで、モチベーションを維持する人。夢を描かなくても、日々精進できる人。それぞれだと思えるからです。

 

+++

 

老いてなおできること、それは、ふがいない自分を、あるがままに受け入れ、機嫌よく感謝を忘れずに生きること。

 

+++

 

誰が言ったかではなく、

何が言われたか、何が問題か、に中心を置く。

犯人捜しをしていても問題は解決しない。冷静になり、「問題」の本質を見極めることが大事!

 

+++

 

「愛」とは、能率や効率を考えないもの

看護の原点は「看」の字が示すように、温かい手とまなざしであることを忘れてはいけない。

忙しすぎたり、便利なものに囲まれていると、つい機械的になってぬくもりのある言葉を忘れやすい。

 

参考:こちらは「置かれた場所で咲きなさい」のブログです!

http://life-insurance2.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1c82.html

 

とってもよかったです!ありがとうございました~!

m(_ _)m

70726f647563742f32303133313232305f3

« 「お任せ!数学屋さん」 (向井湘吾著)を読んで | トップページ | 「キネマの神様」 原田マハ著 を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/63780725

この記事へのトラックバック一覧です: 「面倒だから、しよう」 渡辺和子著 を読んで:

« 「お任せ!数学屋さん」 (向井湘吾著)を読んで | トップページ | 「キネマの神様」 原田マハ著 を読んで »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter