« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月21日 (日)

「月の上の観覧車」 荻原 浩著 を読んで

良かったですヨ!

先日、直木賞を受賞された荻原氏、平成23年の短編集になります。

 

「解説」より

人は生まれてからしばらくは、未来を見て進む。

子供の頃は早く大きくなりたくて、十代の頃は将来の夢を描き、二十代では人生の目標を定め始める。未来はどこまでも果てしなく、限りなく広がっていた。二十年後、三十年後を夢想した若き日々。

けれどいつからか、「先」の方が短くなる。

ある年齢を超えると、二十年後や三十年後が自分にあるのかどうか、それまで生きているかを考えてしまうようになる。

それは、悲しい。それは、寂しい。

だから、それに気付いたとき、人は回れ右をするのだと思う。進行方向は変えられないけれど、せめて「先」の限りが目に入らないように、後ろを向くのだと思う。そのとき「先」の代わりに目に入るのは、これまで自分が辿ってきた過去だ。

年を重ねると昔が懐かしくなったり、やたらと昔のことを思い出したりするのは、そう云う理由からなのではないか。

本書に収録されている八作品のうち、四十代以上の主人公が六作品を占める。中にはさらに上の世代もいる。冒頭の比喩で言えば、進行方向を見つめる時代を過ぎ、回れ右をした世代だ。残る二作品も、主人公が深く関わる登場人物は老齢である。

 

「トンネル鏡」では、東京で家庭を構えた48歳の男性が、紆余曲折を経てひとりで故郷に帰る。その列車の中でこれまでの人生を思い返す。

そして最後に、トンネルを抜けた。海が光っていた。

「上海租界の魔術師」の主人公は少女だが、ここで語られるのは若き頃に上海でマジシャンをやっていた彼女の93歳で亡くなった祖父の人生。

そして最後に「やっぱり、この世に魔法はある!」

「レシピ」57歳の主婦の物語。定年退職する夫の帰宅を待ちながら、自分のレシピノートを見てこれまでの恋を思い出す。

そして最後に「離婚して、晴れて一人になったら旅に出るつもりだ!」

「金魚」では、妻を無くして鬱状態になった43歳の男性が、たまたま手に入れた金魚を通して在りし日の妻との日々を回想する。

そして最後に、親指ほどの体と、その体より長いかもしれない、必要以上に大きく蠱惑的な尾びれを持つ二匹が、おずおずと相手に近づき、離れ、また近づく。薄闇に包まれた部屋に、赤い灯が二つともった。

「チョコチップミントをダブルで」は、離婚して妻に引き取られた娘と、年に一度だけ会う男の話だ。どうしてこうなってしまったのか、彼は自分のこれまでを振り返る。

そして最後に、誇らしさに胸を反らして、康介はもう一言付け足した。「チョコチップミントダブルを二つ!」

「ゴミ屋敷モノクローム」では、市民からゴミ屋敷をなんとかしてほしいと言われて出かけた38歳の公務員が、そこに住む老婆 関口照子の思い出に触れる。

そして最後に、関口照子のまだ十代に見える娘の頃の写真は、明るい色の雨傘をさし、両目を弓形にして笑っていた。

「胡瓜の馬」で、40歳になった主人公が回想するのは、故郷にいた頃に恋人として付き合っていた幼なじみの女の子沙那のこと。

そして最後に、沙那の「忘れるなよ」に呼応して、「忘れないよ!」と僕の言葉を聞いて、沙那が笑った。

「月の上の観覧車」は、老境の男性が夜の観覧車に乗って、自分の人生をゆっくりとなぞる物語だ。

そして最後に、「きれいな月だ。いままで見た中で、いちばんの。」

 

思うようにいかなかった過去を振り返り「喪失」を再確認するという切ない物語でありながら、どれも「最後」にはどこか希望のかけらを感じるのは、実は本書が未来に向かって開かれていることの証拠なのである。

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

10593521_503670683111838_17528825_n

2016年8月13日 (土)

「とり残されて」 宮部みゆき著 を読んで

面白本の予定で読みました。解説にもSF小説とありましたが、う~難しいナ~!

SF小説ではあるのですが、ひとの頑なとも言える執念みたいなものを強く感じさせる物語でした。

こんなに強いものなのか?

自分も小学生のときに、転校で三回小学校を変わっており、イジメられる経験はありました。

今も覚えてはいますが、そこまでの思いは無いですネ。

ひとには、赦すということも必要と思っていますので、ちょっと馴染めませんでしたネ。

 

これは短編集になります。

1.「とり残されて」

小学生の時に担任の先生にイジメられたことを憎み、20年後の夢の中で殺害する。そして、それが現実になる。とり残されていた過去の憎しみが、20年後に現実になるという物語

2.「おたすけぶち」

車での死亡事故が多い「おたすけ淵」がある山道のコーナー。そこでは事故の際に行方不明になることもある。それは、人里離れた小さな「小花井村」の村人が村の存続のために、人さらいをしていたという物語

3.「私の死んだ後に」

これは、ちょっとほのぼのとする物語でした。過去に傷を負うプロ野球ピッチャー佐久間実、その傷の元(死んだ後に幽霊となった白石百合子)より、勇気を得て復活する物語

4.「居合わせた男」

会社のイジメによる自殺。イジメを受けていた者の幽霊が出るということで、イジメた上司も自殺する。そこに「居合わせた男」の物語

5.「囁く」

この短編集の中で、一番の超短編、17頁!ちょっとよく分かりませんが、作者のお遊び的物語のような感じ~

6.「いつも二人で」

不倫の末に自殺して、幽霊となった美人OLの姫野君絵が、相手の男に乗り移り、「いつも二人」で居られるようになる物語

7.「たった一人」

永井梨恵子、20年前の5歳のときに脳炎で生死の狭間をさまよい、幽体離脱をした。その時に梨恵子の魂は、殺される運命であった河野修介を助けた。それは、きっと、梨恵子にとって、たった一人の大切な人だから?しかし、河野修介の歴史を変えたことによって、不可思議な事が起こるという物語

 

ありがとうございました~!

 

m(_ _)m

単行本
124099373872116109806

文庫本
11373583_1458239854487577_961363583

2016年8月 7日 (日)

マイナス金利は国債だけでなく、コールローン、社債へも!

「国債」は、国家が歳入不足を補うなど、財政上の理由より発行する公債のため、「マイナス金利」の設定は、国が無コストどころかマイナス金利分のお金がもらえて借金ができるヘリコプターマネーなどのバラマキ財政をするため「政策的」に可能と思いましたが、なぜ、民間企業等が中心の「コールローン」や「社債」までマイナス金利となりえるのか?

「購入するだけ損!」となる商品が市場に存在し得るのか?

 

すこしググってみました。

結局は、すべて日銀の仕業になるのですネ!!!

なんてこった~!

 

2016216に日銀のマイナス金利政策の導入が開始。

このマイナス金利は日銀の当座預金の超過準備の一部に適用される。

 

ただし、金融機関の負担が大きくなり過ぎ、金融仲介機能に悪影響を与えることがないよう、日銀預金に階層構造を採用し、その増加分にマイナス金利をかけるといった、制度設計上の独自の工夫をこらした。

 

日銀が発表した「業態別の日銀当座預金残高(1月)」の付属表によると補完当座預金制度により付利の対象となる当座預金または準備預り金の2534290億円のうち、マイナス金利適用となる超過準備分は231940億円となっていた。

 

長期金利は129日の決定会合でのマイナス金利付き量的・質的緩和を導入の決定を受けて低下圧力を強め、海外でのリスク回避の動きの強まりもあり、29日にマイナス0.035%まで低下した。

 

ただし、日銀が調節コントロールしているのはインターバンク市場を中心とした短期金融市場であり、その意味では「本来の政策金利」でもあるところの無担保コール翌日物の216日以降の金利の動向が注目された

 

コール市場では資金の出し手(貸し手)が供給する資金をコールローン、資金の取り手(借り手)が調達する資金のことをコールマネーと呼ぶ。運用調達期間としては、オーバーナイト物(翌日物)から1年後の応答日以内であればどの日でも取引が可能となっている。その中心は無担保のコールでのオーバーナイト物となっており、その金利の誘導目標値が日銀の政策金利となっている

 

419日の短期金融市場では無担保コール翌日物の加重平均金利がマイナス0.078%と過去最低を記録した。

 

「社債」で初のマイナス金利取引成立 日銀オペ対応で

222日、日本の社債流通市場でマイナス利回りによる売買が初めて成立した。日銀が実施した社債買い入れオペ(公開市場操作)で平均落札利回りがマイナスとなり、それを受け市場で取引される社債利回りも低下した。

 

日本証券業協会が23日、前日に取引された社債の実勢利回りを公表した。それによると、ファーストリテイリングや東日本旅客鉄道(JR東日本)がマイナスで取引された。ファストリの残存期間3年程度の社債利回りはマイナス0.061%だった。買い手の証券会社はマイナス利回りの社債を市場で購入しても、それを日銀のオペに応じて売却すれば損失にならない。

 

日本銀行は、新日本銀行法では「独立性」「透明性」を掲げ、HPのトップには日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。」と謳っています!ちょっといかがわしいHPという感じ~!

そして、日銀総裁を任命するのは内閣。

内閣の決定事項とはいっても、基本的に閣内不一致は許されず総理大臣の意向が決定的となるらしい。

但し、内閣(行政)の専断は許されないなどの意味で、1998年より、内閣の任命について主権者の代表たる国会の承認が必要とのこと。

そして、政治が日銀に強制することもできないとのこと。

一体、どうなっているのでしょうか???

 

金融緩和は必要と思いますが“じゃぶじゃぶ”ではないこと、それと併せて行財政改革・緊縮財政もしなければ、いずれハイパーインフレを招くことになる。そして、“今”だけでなく、将来にもかかわる「社会保障制度」の危機も招くことになると思いますネ!!

 

失礼しました~!

m(_ _)m

 

2016年8月 6日 (土)

2016年8月6日(土)、1年振りの再会!

T生命の数理&経理部門同窓会(5名ですが・・・)を本社のあった「渋谷」で開催!

数えで古希を迎えられたB野さんを筆頭に、60代、50代メンバーとなります!

 

T生命が健在?の頃よりあった創業1980年の「パンダレストラン」へGo!!

 

13時よりスタート!

お店では、予約時より対応いただいた店員さんがよくて、紹興酒ボトル1本、デザートも1品追加サービスをいただき、時間も個室でしたが2時間超過してもOKで、とても良かったです!

16時過ぎまで話に花を咲かせていました!

その後は、少し酔いさましでお茶をしに、TOHOシネマズ地下1階にある「渋谷ガーデンHana」へ!

ここは穴場ですネ~!

土曜日の夕方と言うのに、入れました!そして、ゆったりとできました!

 

本日、本当は6名の予定でしたが、Yさんは体調が良くないということで欠席となり、残念でした!

次回は勢揃いでお会いしたいですネ!!

 

なかなかの高齢者軍団で無病息災は無理としても『数病息災』という言葉もあります!

ほどほどに元気で過ごせればよいのかナ、と思います。

 

またお会いできるときを楽しみにしています!

 

ありがとうございました~!

 

m(_ _)m

PANDA RESTAURANT!

Dsc42000thumb

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter