« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

「特別攻撃隊」

先日読んだ「出口のない海」では“回天”、「永遠のゼロ」では“零戦”による特攻隊の話でした。

 

絶対に二度と繰り返してはならない「歴史」として“特攻”について知っておこうと思い少しググってみました。

 

「特別攻撃隊」は、生還の見込みが通常よりも低い決死の攻撃、もしくは戦死を前提とする必死の攻撃を行う攻撃隊である。略称は「特攻隊」。

 

 

「空」では

「神風特別攻撃隊」、零戦による250500キロの爆弾を搭載しての体当たり攻撃。

神風の由来は、およそ700年前の2度に亘る元寇の際に、2度とも撤退を余儀なくされたときに吹いたとされる暴風(神風)からとったと言われているそうです。

 

「桜花」は機首部に大型の徹甲爆弾を搭載した小型の航空特攻兵器で、目標付近まで母機で運んで切り離し、その後は搭乗員が誘導して目標に体当たりさせる。

飛行爆弾で、全長6㍍ほどの胴体に幅5㍍ほどの小さな翼をつけた。体当たり自爆用なので、帰還するための脚や車輪など降着装置はない。胴体の頭部が 1.2㌧の大型爆弾、中央部がパイロットの座席、後部に推進用火薬ロケットが収納されているのみ。全重量約2㌧。

 

「地上(海辺)」では

伏龍(ふくりゅう、別名「人間機雷」)は、第二次世界大戦末期の大日本帝国海軍による特攻兵器のひとつ。潜水具を着用し棒付き機雷を手にした兵士により、本土決戦における水際撃滅を狙った特攻兵器として、1944年に開発。

途中で終戦をむかえたため、伏龍が実戦に投入されることはなかったが、訓練中に二桁以上の死者を出している。

 

「海上」では

「震洋」は、第二次世界大戦の日本海軍の特攻兵器。秘匿名称は「四(の中に四)金物」(マルヨンかなもの)。小型のベニヤ板製モーターボートの船内艇首部に炸薬(約250kg)を搭載し、搭乗員が乗り込んで操縦。上陸船団に体当たり攻撃することが目標とされた。"

 

「四式肉薄攻撃艇(よんしきにくはくこうげきてい、別名「マルレ」)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の小型攻撃艇。全長5.6 m、全幅1.8 m、喫水0.26 m、満載排水量約1.5 t、主にトヨタ自動車と日産自動車製の60馬力程度の自動車用エンジンを搭載したモーターボートで、艇体後部に250 kgまたは120 kg2個の爆雷を装備していた。最高速力は2325 kt、航続時間は3.5時間。装甲はなくベニヤ製であった。

陸軍のマルレ艇に関しては海軍の震洋と違い元々特攻兵器として開発されたものではなかった。

現代では特攻兵器として認識されているマルレではあるが、「震洋」との大きな違いは最初から特攻兵器として開発されたものではないということがある。従って震洋は艇内に爆薬を搭載しているのに対し、マルレは艇尾に爆雷を懸架する形式になっており、名称が示す通り大挙して高速で敵船団に奇襲をかけ肉薄し、敵船至近に爆雷を投下して離脱するという構想の元に開発されたものである。しかし、太平洋戦争末期においては、この攻撃艇を体当たり特攻艇として使用したほうが至近に爆雷投下して離脱し反復攻撃をかけるより戦果は確実に上がり、また技量もそれほど要らないということで体当たり作戦が採択された。

 

そして、「海中」では 

「回天」は、旧日本海軍の特攻兵器の一つで、人が乗り組み操縦できるよう、九三式三型魚雷(通称「酸素魚雷」)を改造した人間魚雷。炸薬量は1.55トンあり、一撃で戦艦でも撃沈できるとされた。的(てき)、〇六(マルロク)との別称もある。一人乗りである。

二人乗りの「海竜」もある。海竜はマルレと同じく、元々は特攻兵器ではなかったが、戦局悪化に伴い特攻兵器となった。

 

特攻隊員戦死者数 5,836

訓練中の死者を加えれば、更に増えます

 

航空特攻

 海軍航空特攻隊員:2,531

 陸軍航空特攻隊員:1,417

 合計:3,948

 

海中特攻

 回天特攻隊員:104

 特殊潜航艇(甲標的・海竜)隊員:440

 合計:544

 

海上特攻

 震洋特攻隊員:1,081

 海上挺進戦隊員(マルレ):263

 合計:1,344 

 

絶対に二度と繰り返してはならない「歴史」として

ありがとうございました!

m(_ _)m

2016年12月24日 (土)

せんべろ忘年会!

年末恒例化しているア試験受験が終わり、年の瀬も迫ってきました!

 

そこで、せんべろ忘年会で“神田”へ行ってきました!

 

出先の赤坂見附から直接来たため、少し早く着いたので、週末の疲れを癒しておこうと「神田珈琲園」で自家製珈琲を頂きながら、H先輩と待ち合わせ!

 

今回「神田」のせんべろでは、山手線高架下にある創業昭和38年の大越へ!

残念なことに高架の耐震強化工事のため、この1230日(金)で閉店とのこと。

 

まぐろのブツ、ぶりのカマ、厚揚げ、天ぷら、ハムなど、どれも安くて美味しい!さすがです!

一杯目はビールから、二杯目からはホッピー黒で焼酎をいただきながら、最後の「大越」を堪能させていただきました!

ありがとうございました!

 

二軒目は立ち呑み「アカシヤ」さんで、もう一杯いただきました!

 

それ程に飲み過ぎた記憶は無いのですが、あとは記憶が曖昧です・・・

 

なんとか家に辿り着いたものの、雨に降られてしまい、スーツはビショビショになり、風が強かったために傘は壊れてしまい、翌日は二日酔いと、ヒエ~!

 

週末は、仕事の疲れといろいろなものが蓄積されていますから、ついつい飲んでしまったのかも?

飲み過ぎには注意しましょう!

 

それでも、せんべろはサラリーマンの味方!

 

また来年も行きましょう!

 

これからもよろしくお願い致します!

m(_ _)m

C0rxzkuuqaay0q2

C0sde4yuqaa9h4a

2016年12月17日 (土)

ア試験、大変お疲れ様でした!

今週は、ア試験と共に、情報処理試験の発表がありアウト!

 

今年の試験結果は有効期限2年の情報処理午前Ⅰの通過のみ!

 

なんとか仕事は忙しい程にありますが、スキルとウイルをより高めたい!

 

「中高年、危機感持って、めげずにがんばる!」

 

よいお年をお迎え下さい!来年もよろしくお願い致します!

 

m(_ _)m

Gaishiactuary

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter