« 癒しを求めて!? | トップページ | 「逃げるは恥だが役に立つ シナリオブック」(野木亜紀子脚本、海野つなみ原作)を読んで! »

2017年6月17日 (土)

映画「光」鑑賞!!

今年は「6月」にして初映画・・・

昨年よりもペースダウン、やっぱり仕事が忙しくなると、映画も観れなくなるのか、観に行く気力がさがるのか・・・、それでもなんとか観てみたい映画へは行ってきましたヨ!

 

河瀨直美監督の映画になります。

前作の「あん」(2015530日封切)では「誰にも、この世に生まれてきた意味がある!」、「どんな人も、どんな人生にも、この世界に生まれてきたことに意味がある!」がテーマでした。

そして、今回の「光」(2017527日封切)では、「人生、どんなことがあっても、その先には“光”がある!」でしょうか。

 

映画の中には、三つのストーリーがあると感じました。

 

一つ目は、永瀬正敏演じるカメラマン中森雅哉は、視力を失いゆく恐怖と苛立ちの中で、もがいている。

水崎綾女演じる視覚障害者のための音声ガイドをつとめる尾崎美佐子は、中森の視力があったときに撮った写真を観て“こころ”を動かされる。そして次第に惹かれていく。

この物語を中心としながら、

二つ目は、尾崎には、田舎に認知症の母親がいる。普段は連絡をとりながら、時々、田舎に帰るという生活をしていた。そろそろ施設に入れたほうがよいのかもしれない、と悩んでいる。

 

さらに三つ目は、本映画の中で、尾崎が音声ガイドを務めている“映画”、そこには認知症の妻を抱えた高齢の夫が、その妻を殺そうとするができず。最後は二人で共に生き続けることを選択するという物語。

 

それぞれ大変な人生であるわけですが、それでも、その先には“光”があるヨ、という映画でした!

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

 

320

1

« 癒しを求めて!? | トップページ | 「逃げるは恥だが役に立つ シナリオブック」(野木亜紀子脚本、海野つなみ原作)を読んで! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/70892492

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「光」鑑賞!!:

« 癒しを求めて!? | トップページ | 「逃げるは恥だが役に立つ シナリオブック」(野木亜紀子脚本、海野つなみ原作)を読んで! »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter