« 日本の財政赤字について考える!? | トップページ | 弟、“復活”へカウントダウン! »

2017年11月 3日 (金)

財務省のホームページには

「日本の財政を家計に例えると、借金はいくら?」というページがあります。

コチラになります

http://www.mof.go.jp/gallery/index.html

 

平成27年度の一般会計をベースにして「家計」に例えています。

 

一世帯の月収が50万円とした場合に、

その家計費支出は80万円、足りない30万円は毎回借金で補います。

一方で、80万円の家計費支出のうち、借金の返済分が20万円になります。

そして、現在の借金残高は8,400万円!

 

毎月10万円ずつ借金を増やし続けていて、毎月借金残高は増え続けています。なんかとても歪(いびつ)ですよネ~!こんなことをしていたら、破綻してしまうと思いますが、残念ながら、この続きは書かれていませんでした。

 

「現在」で言えば、このままヘリコプターマネーを続けていれば、いずれ必ずハイパーインフレを招き金利が上昇する。国の借金は変動金利ですので、上記世帯(国)の借金の返済は利払いと共に増大し、さらに火の車となり、破産(破綻)するように思うのですが、いかがでしょうか。

少なくとも自分の家計だとしたら、自己破産させると思います。

 

ここに、今から10年前、2007年の財務省の「財政健全化への取り組み」というビデオを見つけました!

http://www.zaisei.mof.go.jp/movie/zaisei3/

 

キーワードは「基礎的財政収支(プライマリーバランス)の均衡~黒字化」、世界で最悪一番の「債務残高対GDP比のピークアウト」でした。

 

イイことを言っていると思いましたが、10年前から現在まで、この取り組みは進むどころか、悪化しています。少なくともここに“動画”が残っているのは財務省の一部有志による抵抗によるものなのか!? 財務省のトップが麻生さんである間は、少なくとも更新されることはなく、下手をすれば削除されてしまうのかも!?

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

 

« 日本の財政赤字について考える!? | トップページ | 弟、“復活”へカウントダウン! »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です!

「深刻な話」だと思っていますヨ!

これだけの債務国家になっても、自分を含め国民は自分の国が”危急存亡の秋”という実感が乏しい。
なぜ、ハイパーインフレが起きないのか?

経済学者のサミュエルソンの言葉に「世界の国々は、4つのタイプに分類できる。『豊かな国』『貧しい国』『日本』『アルゼンチン』と」

不思議な国、日本!?

現在、少し勉強のつもりで、真山仁氏の「オペレーションZ」を読んでいます。

感想は後日!

ではでは、また。ありがとうございました!
m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/72130160

この記事へのトラックバック一覧です: 財務省のホームページには:

« 日本の財政赤字について考える!? | トップページ | 弟、“復活”へカウントダウン! »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter