« 「風に舞いあがるビニールシート」 (森絵都 著)を読んで | トップページ | 生保1第4章、現「新商品」が平成11年以来、いよいよ改定! »

2018年1月14日 (日)

「日本の自殺」 “グループ1984年”著 を読んで

最初に「パンとサーカス」について

 

これは、ローマ帝国没落の原因を言っています。

 

ローマ帝国の大土地所有者や政治家は市民大衆の支持と人気を得るためにひとりひとりに「パン」を与えたのである。

このように働かずして無料の「パン」を保障されたかれら市民大衆は、時間を持て余さざるを得ない。どうしても退屈しのぎのためのマス・レジャー対策が必要となる。かくして、ここに「サーカス」が登場することになる。

こうして無償で「パンとサーカス」の供給を受け、権利を主張するが権利や義務を負うことを忘れて遊民家したローマの市民大衆は、その途端に、恐るべき精神的、道徳的退廃と衰弱を開始したのである。

ローマの市民大衆が働かずして無償の「パンとサーカス」を「権利」として手にいれることができるようになり、繁栄と福祉の絶頂に達したと錯覚しているときに、ローマ社会の芯は腐り始め、ローマ人の魂は衰弱し、ローマの没落は確実に始まっていたのである。

自治体のどの有力者も一種の階級モラルのために人民へ寄贈をおこない、人民もそれを当然視する慣習であった。ローマの元老院議員たちは、ローマ市の平民のために各種の競技会(サーカス)を開催し、支持者や兵士に象徴的な寄贈を分配したものだ。

これこそ、公然と選挙腐敗を招いたものである。

 

ローマ帝国は、市民に安いパンと剣闘士の試合を確保していたので、人民から帝国きっての恵与者もしくは贈与者として人気を博していた。

言い換えれば、こうした恵与や贈与をしない政治家は、平民から見放されることになる。

 

こうして“グループ1984年”は、ローマで進行した自壊のプロセスが日本の歴史でも繰り返されると警告したのだ。

すなわち、世界国家の心臓部の反映→豊かさの代償としての放縦と堕落→共同体の崩壊と大衆社会化状況の出現(大衆迎合主義)→「パンとサーカス」という「シビル・ミニマム」→増大する福祉コストとインフレとローマ市民の活力喪失→エゴと悪平等主義の反乱→社会解体、という自壊のプロセスなのである。

しかし、現代日本の事態はある意味で古代ローマの場合よりも深刻なのである。

ローマの有力者なら、「パンとサーカス」を自前で振舞ったのに、今の日本の政治家と国民は税金と将来からの借金でそれをあがなおうとしているからだ。

 

「日本の自殺」は日本の高度経済成長時代、1975年に書かれたものですが、1980年代に土光さんが、行革審議会の“哲学”としました。

 

そして、今の日本は、国家予算の10年を超す借金を抱えながら、身の丈を超えた過剰な政策で予算をばら撒き、ギリシャの財政危機を横目にまだ大衆に迎合しています。

 

国民が狭い利己的な欲求の追求に没頭して、みずからのエゴを自制することを忘れるとき、経済社会は自壊していくことになる。

国民がみずからのことはみずからの力で解決するという自立の精神と気概を失うとき、その国家社会は滅亡する。

政治家が大衆迎合主義に走るとき、その国は滅びる。

 

「日本の自殺」が、1975年よりも、1980年代の土光さんのときよりも、ますます危機に近づいていると感じました!

 

最後に、“グループ1984年”の命名由来について

1984年』 イギリスの作家・ジャーナリスト、ジョージ・オーウェル(1903625 - 1950121日)の小説。1949年刊行。

オーウェルは1944年にはこの小説のテーマ部分を固めており、結核に苦しみながら1947年から1948年にかけて転地療養先の父祖の地スコットランドのジュラ島でほとんどを執筆した。

トマス・モア『ユートピア』、スウィフト『ガリヴァー旅行記』、ザミャーチン『われら』、ハクスリー『すばらしい新世界』などのディストピア(反ユートピア)小説の系譜を引く作品で、スターリン体制下のソ連を連想させる全体主義国家によって分割統治された近未来世界の恐怖を描いている。

なお、「1984年」という年号は、本作が執筆された1948年の48を入れ替えたアナグラム(anagram:単語または文の中の文字をいくつか入れ替えることによって全く別の意味にさせる遊び)であるという説が一般的である。これによって、当時の世界情勢そのものへの危惧を暗に示したものとなっている。

 

あらためて、国民の一人として、自分になにができるのか、きちんと考えて行動をしないといけないと、思いました。

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

9784166608638

« 「風に舞いあがるビニールシート」 (森絵都 著)を読んで | トップページ | 生保1第4章、現「新商品」が平成11年以来、いよいよ改定! »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331845/72691301

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の自殺」 “グループ1984年”著 を読んで:

« 「風に舞いあがるビニールシート」 (森絵都 著)を読んで | トップページ | 生保1第4章、現「新商品」が平成11年以来、いよいよ改定! »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter