« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月21日 (土)

「総会屋錦城」 城山 三郎著 を読んで

本作は、昭和33年下期の第44回直木賞受賞作品。

 

その「総会屋錦城」の表題作ほか

・輸出

・メイド・イン・ジャパン

・浮上

・社長室

・事故専務

・プロペラ機・着陸を待て

という社会小説7編を収めている。

 

読み終えた感想として、人々の心に戦争の“傷跡”を残しながらも終戦後約10年でここまで経済が成長していることに驚かされた。

「総会屋錦城」は、株主総会という資本主義の中枢のからくりを描いたもので、会社の主流あらそいを巡って、株主総会の席上やその裏面で暗躍する総会屋の老ボス“錦城”を主人公としている。

裏金が動きまくる、そんな時代に到達していた。

 

「輸出」では、戦後大成長を遂げた“総合商社”の暗部を露呈している。

今国会で残業規制が厳しくなるようだが、このエコノミックアニマルと呼ばれた時代から比べると、ぬるま湯につかってよいのだろうか、という疑問を感じている。

ずっとずっ~と毎日遅いは問題と思うが、チームで仕事をして一緒に頑張る!時には徹夜もある、という経験は必要なのでは!?もう少し柔軟な制度であるべきと考えている。そうは言っても、今の政治では、仕方がないのか。

 

楽しい!という本ではありませんでしたが、昭和30年代前半の日本経済の“熱”を体感できる一冊でした。

 

ありがとうございました!

m(_ _)m

41vjwwn2uql_sx298_bo1204203200_

2018年7月 1日 (日)

試験よ、永遠に・・・!?

今年もアクチュアリー試験の申込時期となりました!

今年も申し込みします!!

年中行事だな~~~~~!

 

一方で、PM試験結果も出て、またも不合格!

状況は、

午前1は今回まで免除、

午前2は72点で基準点クリアできましたが、

不覚にも、午後1はこれまでクリアできていたので、気の緩みか!?

33点の低スコアでクリアできず、午後2の採点は無し!

 

前の歯は欠けてグラグラになるわ、踏んだり蹴ったりの状況ですが、歯のショックが大き過ぎて、不合格のショックは緩和されましたヨ・・・

きっと、力の入れた午後2は通っていたと思って、また頑張るしかありません。

それでも、目の前は“五里霧中”・・・

 

失礼しました・・・

m(_ _)m

 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

ライフネット生命

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter

このブログ内で検索