« 社会人38年目にして、ついに年間封切映画鑑賞本数10本を突破!新記録となります11本目に突入~! 綾瀬はるかさんのアクションシーンを観てみたいと思い「リボルバー・リリー」を鑑賞しました~!! | トップページ | 2023年、封切映画鑑賞本数12本目!「こんにちは、母さん」鑑賞~!山田洋次監督の「男はつらいよ」から始まり、「家族はつらいよ」と来て、「女はつらいよ」はありませんでしたが、誰にも共通の「生きることはつらいよ」でも笑おう!という映画でした!よかったです!! »

2023年9月10日 (日)

「じい散歩」 藤野千夜(ふじの・ちや)著「夫婦あわせてもうすぐ180歳、三人の息子は、全員独身」朝日新聞の本書広告を読んだ母親が「読みたい!」ということで購入~、渡す前に読んじゃいました。ノンフィクションかと思いましたが、藤野氏は芥川賞作家であり、物語でした~!

 

朝日新聞での本書の広告は、「夫婦あわせてもうすぐ180歳、中年となった3人の息子たちは、全員独身。長男は高校中退後、ずっと引きこもり。次男は恋人が男性の自称・長女。三男はグラビアアイドル撮影会を主催しては赤字で、親に無心ばかり。そんな一家の日常をユーモラスに、温かな眼差しで描く・・・」

とあると、とくに高齢者の方は、読みたくなるように思いました。

 

当年83歳の母親も“読みたい!”ということで、購入したのですが、いやいやなかなか登場人物が多くて驚きました・・・

これ、高齢者の方は登場人物を覚えながら、読めるのかしらと・・・

自分自身もメモをしながら、読みました。(^^;

 

主人公は、大正生まれの「明石 新平 89歳」、「妻の英子 88歳」

この高齢老夫婦には、三人の息子がいて、

長男 孝史(昭和37年生まれ)、引きこもり

次男 健二(昭和39年生まれ)、おかま

三男 雄三(昭和42年生まれ)、体重100キロ超で借金まみれ

 

そして、新平には男5人、女4人の兄弟がいます。
物語の中では。4人の名前がでてきます。

「定吉」、新平の5歳年下の弟

「しげる」、郷里に住む弟

「さとえ」、新平のすぐ下の妹

「はるえ」、新平の末の妹

 

英子にも、姉妹がいます。

「ひい姉」、英子と10歳以上離れた姉

「すみれ姉」、英子とちょうど10歳違いの姉、

そのすみれ姉の娘が器量よしの「さなえ」(昭和30年生まれ)で、新平、英子のになります。

 

新平の友だちで、高齢となってからはエロ映画などを一緒に楽しむ仲間

 「中本」、電気職人

 「並木」、大工

 「小嶋」、自動車屋

 

ほかに、英子が動物好きと言うことで、雑種犬の「ちいこ」、だるまインコの「たーちゃん」など。

 

途中途中で、名前だけ出てくると、この人誰だっけ、となりますよね・・・(笑)

 

いろいろな問題を抱えながらも、笑いを忘れずに生きていく”時の流れ”を、穏やかな感じに描いている“風景”のような物語でした。

そこで、物語の“内容”というより、「解説」から一部書き留めておきたいと思います。

 

歳を重ねても悩みは尽きないし、心配事も容赦なく降り注いでくる。

むしろ、若い頃より悩みの質は深刻度を増している。

介護、病気、不調、疲労、金欠、孤独・・・・

かような現象を目のあたりにするたび、悟りなどというものは、生きている限り開けることはないのだろうと、考えを改めないわけにはいかなくなった。

 

人生は穏やかでも華やかでもない。

それでも生きている限り日々は続いていく。

たぶん自らの生きているこの世界を、現実を、味わうために。

おそらく人生は、すかっと美しくかっこよく送れるようにはできていない。

歩んできたあとには、後悔だの失敗だの恥だの消沈だのの残滓が、これでもかと落ちている。

 

本書に棲む人びとと共に時を過ごすと、

自分も今まで通り、この世界にいてイイんだな、と安心する。

失敗続きで課題満載の人生を、静かに肯定してくれるようなやさしさと強さが、至るところに散りばめられている。

シビアな現実につきあたり、立ち止まってしまったら、美味しい饅頭をお供に、新平の散歩に付き合えばいい。きっと再び、目の前の景色は息を吹き返し、鮮やかな彩りを取り戻すだろう。

 

ありがとうございました~!
m(_ _)m

 

51nprq3nifl

« 社会人38年目にして、ついに年間封切映画鑑賞本数10本を突破!新記録となります11本目に突入~! 綾瀬はるかさんのアクションシーンを観てみたいと思い「リボルバー・リリー」を鑑賞しました~!! | トップページ | 2023年、封切映画鑑賞本数12本目!「こんにちは、母さん」鑑賞~!山田洋次監督の「男はつらいよ」から始まり、「家族はつらいよ」と来て、「女はつらいよ」はありませんでしたが、誰にも共通の「生きることはつらいよ」でも笑おう!という映画でした!よかったです!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会人38年目にして、ついに年間封切映画鑑賞本数10本を突破!新記録となります11本目に突入~! 綾瀬はるかさんのアクションシーンを観てみたいと思い「リボルバー・リリー」を鑑賞しました~!! | トップページ | 2023年、封切映画鑑賞本数12本目!「こんにちは、母さん」鑑賞~!山田洋次監督の「男はつらいよ」から始まり、「家族はつらいよ」と来て、「女はつらいよ」はありませんでしたが、誰にも共通の「生きることはつらいよ」でも笑おう!という映画でした!よかったです!! »

フォト

最近の記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter

このブログ内で検索