« 小津安二郎監督をリスペクトされているドイツのヴィム・ヴェンダース監督が手掛けられた『PERFECT DAYS』、本年映画鑑賞19作目、これで今年の映画納めになると思います~! 今年は学生時代よりも、観れたかもしれませんネ~(笑) | トップページ | 謹賀新年!2023年の封切り映画!勝手にマイベストテン~!! 何と言っても、2023年は全部で19本観ましたからネ~!!自己ベスト(笑) その中からのマイベストテンになります~!!!(≧▽≦) »

2023年12月31日 (日)

もう間もなく還暦ですが、外山 滋比古氏(とやま しげひこ、1923年~2020年)の『50代から始める知的生活術』「人生二毛作」の生き方を読みました~。外山氏は英文学者でありながら、知の巨人です。心にとめておきたいことを記載致します~!


人生は二毛作がいい

人生の二毛作を志すなら、隠居生活などは、たとえどんなに資産があるとしても、考慮の埒外です。

 

送別会という習慣。ことに定年退職者の送別会には、欺瞞の空気が漂っています

一見、送られる側の人間の労をねぎらっているかのようですが、出席者がみな、本心からそう思っているとは限りません。忙しいさなかに、なんでこんな宴会に出なくちゃいけないのかと感じている若手もいるでしょう。

現役優位の構図がそこにはあるのです。会社にまだ貢献できる現役組と、そうではなくなった定年組。現役組は定年組を哀れむ。優位にある送る側が、送られる側への惜別の情を演じる場。それが定年退職者送別会です。

退職時の宴会は、送る側も送られる側も、腹に灰汁のようなものが残っていて、互いに居心地の悪さを感じます。その灰汁を取り除いて(1年くらい時間を置いて)、スッキリした思いで杯を酌み交わすのが、やさしい文化、礼節であるとも思います。

 

江戸時代の儒学者、幕府の儒官もつとめた佐藤一斎が、『言志四録』という随想録でこんな言葉を残しています

若くして学べば、則ち壮にして為すことあり

壮にして学べば、則ち老いて衰えず

老いて学べば、則ち死して朽ちず

かつて、小泉純一郎元首相が、国会で引用したことが知られていますが、この

『老いて学べば、則ち死して朽ちず』の心意気がいいではありませんか。

 

「淡交」のススメ

雑談・放談が体調維持に効果がある。雑談・放談は、人生の最大の楽しみであり、人間が発見した最高の元気の素ではないでしょうか。若返りの秘薬といってもいいかもしれません。

 

「ホスト(host、主)」のススメ

人を招いておもてなしをすること。豪華な宴を設けるわけではありません。文字通りの粗餐、ささやかなものではあるのですが、会食のホストになることが、これほど心楽しいものであるとは思いませんでした。

 

「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」

とくに「義理を欠け」は、年をとったら、ときに浮世のじがらみを振り切る勇気がいります。

 

「留学しなくたって研究はできる」

「源氏物語」を英訳して世界に知らしめたアーサー・ウェイリーは日本に招聘されたとき、「自分の愛する日本は昔の書物のなかにある」と、辞退したそうです。

アメリカの文加人類学者、ルース・ベネティクトは戦時中、日本の研究をしました。もちろん、日本を訪れたりはできません。それで『菊と刀』という名著を書き、戦後の日本人を驚かせました。

 

「考えは寝かせる」

論語に、「学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや」という言葉があります。この「時にこれを習う」というのが、思考を寝かせることに通じるのです。

アイデアを時間かけて温める

眠っている時、夢を見ている時、歩いている時、アイデアが浮かぶ。すぐに書き留められるように枕元にも紙と鉛筆を置いておく。書き留められ、温められたアイデアは10年後かもしれないが形になる。

・とにかく書き出してみる。それを数日後など、時間をおいて眺めてみること。

 

「三上」と「三中」

・昔から良い考えが浮かぶのは「三上」といって、馬上、枕上、厠上の三つ。要するに馬の上、床の中、トイレの中ということだが、馬上はいまの時代でいえば通勤途中ということになる。

・「三中」の状態も思考の形成に役立つと思う。これは夢中、散歩中、入浴中である。人間はその気になればいたるところで学び、考えられるということだ。

 

「忘却曲線」でしられるドイツの心理学者、エビングハウスによれば、人は20分後に42%を忘却し、1時間後には56%を、さらに1日後には74%を忘れるそうです。そして、自律的に忘却から残った知識が、なにかっほかのものと結びついて新しくよみがえります。

 

若い時にモンテーニュの『随想録』を読みましたが、少しもおもしろくありませんでした。途中で放り出してしまいました。

50歳を超えて、身辺におもしろくないことが続発し、いくらか世をはかなんでいるときに、モンテーニュを開き、心をこめて読み、それまでにない感銘を受けました。わからないところは、自分の頭で考えて分かったことにしました。このようなベータ読み(未知の読むこと。逆にアルファ読みは既知を読むこと。例えば、前の晩にテレビで観た野球の試合について、翌日新聞で読むこと)をすること。

年老いて本を読むなら、ベータ読みです。アルファ―読みは時間つぶしにしかなりません。

 

「生き方」を学ぶ

それとなく、おもしろい生き方を教えてくれるのは、エッセイです。かつては随筆と言われたものですが、エッセイは随筆とは違い、ものの考え方が含まれていて、人生的です。

子ども、若い人にとって、エッセイは絵に描いた餅ほどの意味もありませんが、中年の人、世間というものをいくらかでも知った人にとって、エッセイは、小説よりおもしろくなります。

小説は同じ作品を二度繰り返し読むということは少ないのですが、すぐれたエッセイなら何度読んでもいやになったりしません。

内田百閒の『百鬼園随筆』、『阿房列車』は名文です。

おもしろいことは何も出てこないのに、たいへんおもしろいから不思議です。

寺田寅彦全集もおもしろく、ものを考えるということをぼんやりながら理解するようになりますた。

内田百閒も寺田寅彦も夏目漱石の門下です。漱石の作品にもつよい関心をもっています。

定年ですることがなくなったら、寅彦は百閒のようなエッセイをじっくり読めば、新しい自己があらわれるのではないかと思われます。

 

ローマの皇帝アウグスティヌスが言ったという「ゆっくり急げ」は至言です。

急げや急げ、ではいけません。ゆっくりゆっくりもいけません。

ゆっくり急ぐ、これがよろしい。

年をとった人間は、若者よりは、ゆっくり急ぐことができますが、なお、急げや急げになったり、ときには、ゆっくりボンヤリとなったりします。

うまく、ゆっくり急ぐ生き方をすれば、すばらしい二毛作になります。

 

忘れようと思ってもなかなか忘れられないことでも、書いてみると、案外、あっさり忘れることができます。書いて記録してあると思うと、安心して忘れることができるのです。

いっそ、勤めていたときの自分史を書いてみると、本当に、過去から離れることができるかもしれません。

過去を捨てるのではなく、過去と絶縁するための記録です。

前半生を忘れて、新しい後半生を始める決意において、われわれも、出家的に生きることはできるはずです。

人間にとって過去は大切ですが、それにとらわれて、前向きに生きられないのではよろしくありません。

過ぎ去ったこと、ことに、よくない過去は少しでも早く忘れてしまうことです。そのあとの頭で、新しい生き方を考え、工夫するのが賢明な人間であるとしてよいでしょう。

 

残照夢志

残照とは、「日が沈んでからも雲などに照り映えて残っている光。夕日の光。残光。」、そこで、たとえ老いても、

夢志とは、夢は漠然とした個人の願望であり、志は個々人の願望を超えて多くの人々の夢を叶えようとする気概です。夢はこころよい願望になるが、それを叶えるための厳しい未来への挑戦し続けること。

 

とにかく「新しい勉強」をしよう。超老人の志です。

 

ありがとうございました~!!

m(_ _)m

81jxrdnhl_ac_uf350350_ql50_

« 小津安二郎監督をリスペクトされているドイツのヴィム・ヴェンダース監督が手掛けられた『PERFECT DAYS』、本年映画鑑賞19作目、これで今年の映画納めになると思います~! 今年は学生時代よりも、観れたかもしれませんネ~(笑) | トップページ | 謹賀新年!2023年の封切り映画!勝手にマイベストテン~!! 何と言っても、2023年は全部で19本観ましたからネ~!!自己ベスト(笑) その中からのマイベストテンになります~!!!(≧▽≦) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小津安二郎監督をリスペクトされているドイツのヴィム・ヴェンダース監督が手掛けられた『PERFECT DAYS』、本年映画鑑賞19作目、これで今年の映画納めになると思います~! 今年は学生時代よりも、観れたかもしれませんネ~(笑) | トップページ | 謹賀新年!2023年の封切り映画!勝手にマイベストテン~!! 何と言っても、2023年は全部で19本観ましたからネ~!!自己ベスト(笑) その中からのマイベストテンになります~!!!(≧▽≦) »

フォト

最近の記事

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter

このブログ内で検索