« 「幕末・明治 偉人たちの「定年後」(河合敦著)」、凡々人でありますが定年まで1ヶ月弱となり、幕末・明治には、どんな定年後があったのか、読んでみました!著者自身も50歳で教職を辞して、作家としての第二の人生を始められていました | トップページ | 新型コロナ禍の2020年6月から2021年6月末まで、朝日新聞土曜別刷り「be」に掲載された、小池真理子著「月夜の森の梟」が文庫化されたので、一気に読んでみた~! »

2024年2月11日 (日)

三連休の初日は、先輩にちょっと早いですが、還暦を祝っていただきました~!!


場所は江戸時代庶民の行楽地として人気が高まり、日が暮れるのも忘れてしまうほどで、ひぐらしの里とも呼ばれた荒川区の「日暮里」です!!

 

14時に、「斉藤湯」で待ち合わせ。

1時間をかけて、ゆったりと湯に浸かり、湯に癒されました。

そして、

「真面目焼鳥助平」さんへ、二人でも予約をしていないと、

開店と同時に予約とお客さまで、満杯状態でした(汗)

先輩の用意周到な“予約”に感謝!!!m(_ _)m

そして、還暦のお祝いをいただきました!!

どうもありがとうございました~!!!m(_ _)m

 

最初は赤星の瓶ビールで乾杯をしました!

焼鳥はどれも美味しく、

そして、セロリの漬物、肉詰めのピーマン、ポテサラは、とてもイイ箸休めになりました。

 

締めは、

一由そば(いちよしと読みます)で名物ゲソ天そばをいただきました!!

完全にお腹いっぱいとなりましたが、さらなる締めは、

 

日暮里駅近くの「ニュートーキョー」で一服、ひとやすみ!

先輩はコーヒー、自分はクリームあんみつを堪能致しました~!!

 

どのお店も食べログハイスコアのリピートしたくなるお店でした!

帰りの電車は、とても居心地のイイ“ゆりかご”となりました~!(笑)

あと2週間で還暦を迎えますが、それでも今日という日が“記憶”に残る「還暦祝い」となりました!

ありがとうございました~!!m(_ _)m


Pxl_20240210_035104778

Pxl_20240210_090213825

Pxl_20240210_092605785mp

Pxl_20240210_060356540mp

« 「幕末・明治 偉人たちの「定年後」(河合敦著)」、凡々人でありますが定年まで1ヶ月弱となり、幕末・明治には、どんな定年後があったのか、読んでみました!著者自身も50歳で教職を辞して、作家としての第二の人生を始められていました | トップページ | 新型コロナ禍の2020年6月から2021年6月末まで、朝日新聞土曜別刷り「be」に掲載された、小池真理子著「月夜の森の梟」が文庫化されたので、一気に読んでみた~! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「幕末・明治 偉人たちの「定年後」(河合敦著)」、凡々人でありますが定年まで1ヶ月弱となり、幕末・明治には、どんな定年後があったのか、読んでみました!著者自身も50歳で教職を辞して、作家としての第二の人生を始められていました | トップページ | 新型コロナ禍の2020年6月から2021年6月末まで、朝日新聞土曜別刷り「be」に掲載された、小池真理子著「月夜の森の梟」が文庫化されたので、一気に読んでみた~! »

フォト

最近の記事

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

Twitter

  • twitter

このブログ内で検索